2010/6/18

旬のもの  Life

クリックすると元のサイズで表示します

淡竹の筍をたくさんいただきました
はちくはアクが少なくアク抜きせずに料理しても大丈夫とのこと
早速家に帰って皮むきです
さて何を作りましょう?
今夜は筍ご飯
炊き込みはせずに味付けした筍を炊きたて熱々のご飯に混ぜて・・
もう一品はシーチキン缶詰を使った味噌味の煮物(砂糖も少々入れて)
この組み合わせが絶妙です
さば缶でも良いとのこと、今度ためしてみましょう

そして明日は天ぷらかな

皮むきはちょっと面倒ですが
どの料理もシャキシャキした食感が魅力
何より旬のものをいただくことは体が喜ぶこと
お夕飯はつい食べ過ぎてしまいました

子供のころは竹の皮で梅酢を啜って遊んだものです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと残念なことがありました

                   


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今までなかなか蕾を付けなかったすみれ屋裏庭のバラ<ポルカ>
今年は2つ大きなしっかりした蕾をつけようやく待望の花が咲きました
華やかな大輪の明るいオレンジ色
いい香りと花姿に朝に夕に夢見がちに眺めていましたが・・・
昨日夕方定休日ながらたまたま店に用事があり<ポルカ>のアーチの下を
くぐったとき
花が一輪しかない事に気がつきました
2番目に咲いたバラが見当たらないのです
「虫にやられて下に落ちているかしら」いくら探しても影も形もありません
鋏で切られたかのような茎の断面
誰かが切って持ち去ったようです
花盗人は罪にならないといわれています
「あまりにきれいだからつい一枝手折って持ち帰ってしまった」
ということなのでしょう
でも、「挿し木にしたいので一枝いただけますか?」と言われたら
「きれいでしょう、どうぞどうぞ」と気持ちよくお分けできたのに
黙って持ち去られたことが残念でなりません
そんなふうに持ち帰って飾って気持ちがよいのでしょうか
心無い人もいるんですね
Openして16年、こんなことは初めてです
残りの一輪はもう咲き終わり、切ってサロンの窓辺に飾りました
花もちょっと寂しそうでした

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ