2013/8/24

夏野菜  自然

クリックすると元のサイズで表示します

裏がむらさきのほうがハンダマ(金字草)、下の鮮やかな緑が
シビラン(アフリカほうれん草)

初夏に道の駅雷電くるみの里で見つけ、苗を買ってきて2本ずつ植えました
特に今年初めて収穫したシビランはその食感や味ですっかりとりこに
なってしまいました
かわいいピンクの花も咲きます

暑いのが良いようで摘んでもすぐ新芽が伸び一日おきくらいに収穫でき
お浸しや天ぷら、炒めても癖がなくておいしくいただけます
両方とも茹でるとぬめりが出ますがハンダマのほうがシャキッとしています
綺麗な色で栄養豊富
ビタミンB2、A、マグネシューム、鉄分など多く含み葉裏の紫色はアントシアニン
まさに夢のような食材です

アントシアニンは疲れ目にも効くようですね

生でサラダにしてもシャキッとしておいしいということですが未だ試していません




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ