2013/10/10

朱雀という御菓子  Life

クリックすると元のサイズで表示します

新栗をいったい幾つ使っているのでしょう?
お砂糖を使わず純粋な栗の甘みだけで作った和製モンブラン<朱雀>
栗好きにはたまらない一品と思います

ずっと前に小布施に出かけたとき知って食べ損ねた<朱雀>
いつかは味わってみたいと思っていました
今朝8時半小布施堂の店先には予約券を求めてすでに長い行列ができていて
私達が受け取った券は19番、9時半から小布施堂の本宅でいただくことになりました
賞味期限は20分、お持ち帰りはできない繊細なお菓子です

それにしてもすごいボリューム!!
朝ごはんを控えてきたものの食べきるまでに少々時間を要しました
2人でシェアしてちょうど良いかしら?

「朱雀とはどんなものか話の種に・・」と出かけましたが
雰囲気のある本宅で旬の新栗をタップリ味わうことができて満足です

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

その後、町歩きをしておなかをすかしてから<鈴花>さんで軽めのお昼を・・
栗お強飯をお土産に高速を飛ばして早めの帰宅となりました

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ