2005/10/16

禅と野の花と  Life

クリックすると元のサイズで表示します

ライオンズクラブと上小の若いお坊さん方との共催で
「子供禅の集い」が行われた。
少子化時代を反映して年々参加する子供の数が減っている。
この画像は食事の作法が書かれた箸袋を両手に挟んで合掌し
「いただきます」をするところ。
座禅の組み方から心構え、感謝してお食事を残さずに頂く作法など
4時間にわたって教えていただく。
腕白な子供たちも神妙な面持ち・・
大人もいい反省の機会になり、心を澄ます時間を持たせていただいた。
元禄時代に立てられた鐘楼が前庭で見守る中・・

クリックすると元のサイズで表示します

その後安曇野へ・・
「野の花診療所」と名づけられたアトリエは築130年、昔は医院
として使われたとのことで独特の雰囲気。。
私の花の師匠、杜達文氏のこれからの花活けの活動拠点となる。
今日は<十三夜>と題し、花を見てお料理を愉しむ会。
新拠点のお披露目もかねている。
大きな睡蓮鉢に投げられたススキと秋の野の花は風情いっぱい。
部屋ごとに違う小さな花が挿されている。
あいにく月を見ることは叶わなかったが、今後のご活躍を祈りながら
帰路についた。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ