2005/12/27

再び生かされて・・薔薇  

クリックすると元のサイズで表示します

およめちゃんのHちゃんが真紅の薔薇とカスミソウの花束を持って
出かけてきた。
「おはようございます」
「結婚記念日に親戚の叔母様から贈られたバラなのですが元気がなくて・・」
「どうしたらいいでしょう?」と。
見ると立派な葉も花びらもしんなりとしている。

彼女の優しい気持ちが良く分かるから何とか上手に残す方法を考えた。
そうだわ、アレンジしたままドライにしよう。
四角い木の箱とドライアレンジ用のオアシスを用意し
2人で短く切ったバラの花をびっしりとさしていく
そのあいだあいだにカスミソウと手持ちのリボンを小さく束ねて埋めて・・
あっという間にフラワーケーキが出来上がった。

本当は生花のまま咲かせてあげたかったのだろうが
花キュウピットなどで送られたバラをきれいに最後まで開かせるのは
とっても難しい。
ある本で生の花をアレンジしたままドライにしているのを
読んだ事があって、その記憶を頼りに挑戦してみた。

Hちゃんこれでよかったのかしら。
せっかく頂いたバラを少しでも残しておきたいという優しい気持が
いっぱい詰まった四角のアレンジ。
セロハンで可愛くラッピングして持ち帰った。
嬉しそうな笑顔だった。
こんなことを繰り返しながらどんどん花好きになって行くのだろうな。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ