2005/12/30

暮れの一日  Life

クリックすると元のサイズで表示します

次男夫婦が帰省し、午後から気になっているところの集中お掃除と
例年の門松作り。
数十年まえに読んだ「花の本」「コーヒーの本」「経営の本」が山積・・
真新しい表紙とまだ読んでなかったページ、こんなに取って置いたの?
片付けながらつい読んでしまう。
テキパキと片付けていくノンちゃん。
2人だと早い早い・
3時のお茶も忘れて集中お掃除。
お陰で長年の気がかりだったスぺースが見違えるようにスッキリした。

一方良い天気の庭では切り出してきた長い長い竹を切る音・・
亡き義父が作り続けてきた門松。
息子は手伝いながら覚えたようだ。
太い竹の<スパッ>と潔い切り口。
例年の暮れの風景は孫へと引き継がれ今年も繰り返される。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ