2006/2/2

雪の花  自然

クリックすると元のサイズで表示します

定休日。
きのうから夜にかけて積もった雪が柔らかい起伏を見せてキラキラと・・
朝日が高くなった頃を見計らって庭に出てみる。
正面には遠く雲海をはべらせた蓼科山が
そして手前に雪の花をいっぱいに付けた木々が見える。

しばし眺めたあと、まだ誰も踏んでいない雪の上を歩いてバラ園へ。
どの木もかわいい綿帽子を冠ってじっとしている。
でも、ちゃんと硬く尖った芽が確認できた。
嬉しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/2/1

Februaryとすみれ  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

春の遅い信州では「すみれ」が咲き出すのはまだまだ先のこと。
でも<February>のカップには紫のすみれが嬉々として咲く姿でえがかれている。
このカップのシリーズは1月から12月までそれぞれかわいい花が描かれていて
コレクションしている人も多いと思う。
私が持っているのは2月・・誕生月。
(2月)→(すみれ)とくれば手に入れるほかはない。
ということで2月の棚には毎年必ず登場する。

去年の誕生日に同じものを息子たちがプレゼントしてくれたので
2つになった。
自分で求めたものと違って又特別に嬉しいもの・・
あったかい思いいっぱいのすみれ柄なのだ。

紫という色は食品には向かないと言われているし
あまり賑やかな柄は好きではないが内側が白いので
コーヒーの色はきれいに見えると思う。

すみれ柄は特別 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ