2006/4/14

珍客有り  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

「あら〜綺麗な鳥!!」
朝のミーティングのときベランダの手すりにチョコンととまった
小さな鳥を見つけた
「なんという鳥?」「メジロかしら」「飼われていた鳥みたい」
いろいろな声が上がる

じっとこちらを見ていたかと思うとガラス窓に体当たりする
そして又空へ
帰ってきて又体当たり
痛くはないの?
10時から日が暮れるまでずっとその繰り返し
ツガイらしく2羽のときも・・
何とも不思議な行動に私たちは気もそぞろ
目が離せずつい意識は窓の外に
日が落ちる頃には不思議な親近感が湧いて窓辺から離れがたかった

「幸せの青い鳥」の再来だったらいいのに

さてこの鳥の名は?
この行動にはどんな意味があるの?
お分かりの方教えてくださいな






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ