2007/2/13

シンピジュームの魅力  

つい昨日まで佐久市での蘭の展示会に出品なさっていた
Hさんがお顔を見せてくださった
今切ってきたばかりの瑞々しいシンピジュームの花束をお土産に・・


マリリンモンロー(たっぷりと大き目の花)
クリックすると元のサイズで表示します


さざなみ(少し小ぶりでかわいい)
クリックすると元のサイズで表示します


名前不詳(大きな蕾が開いたらどんな花を見せてくれるか?)
クリックすると元のサイズで表示します


先日彼女の蘭の温室を拝見し300鉢もの珍しいお花を拝見させていただき
感激しきりだったが
今回20数人の愛好家による丹精込めた蘭の競演はさぞ華やかだったことと
想像できる

蘭には薔薇や百合とは又違った魅力があり花持ちも良いことから
冬の花の女王ともいえる
でも咲かせるまでの道のりはなかなか大変で手の掛かることこの上ない
特に寒い信州で夜も15度Cくらいに保たなければならないことや
肥料のこと植え替え・・
豪華な花を見るまでの行程を聞くと気が遠くなる

そんな蘭を思いきり良く切って持ってきてくださったと思うと
本当に嬉しかった
早速大テーブルに飾った
その存在感、さすが女王の貫禄である

名前もなかなか楽しい
「なるほど」と思う






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ