2008/2/8

美味しいいただきもの  Life

パッケージもお洒落な美味しいモノをいただいた
ひとつは京都土産、京のぎおん「いづう」のさば姿寿司

クリックすると元のサイズで表示します

さすが名物寿司、高価なもののようで私は初めていただいてみた
昆布のうまみがたっぷりしみこんで程よい酢の味が・・
京都らしい粋な包装が中のお寿司の味を連想させる

クリックすると元のサイズで表示します

もうひとつ、明るい色味のシャープに折られたセンスの良いラッピング
さば姿寿司の和に対してこちらは洋、ハイカラ
どんな美味しいお菓子が入っているのか想像するのが楽しい

クリックすると元のサイズで表示します

くるくると巻かれた細いリボンをほどいていくと
まん丸の渦の重なり・・クリームをたっぷり被ったバウムクーヘンが顔を出した
今夜の食後のデザートにまろやかな甘みを堪能したことは言うまでもない

クリックすると元のサイズで表示します

パッケージは商品の顔
そしてその顔に負けない中身、渾身こめて作られた本物の味
商品開発とパッケージとの関係
お店も企業も苦心して考えて考えて市場に送り出しお店に出し
私たちの目に留まる
そのイメージがピッタリ合ったとき買い手である私たちは本当に満足して
又次もほしいと思う

パッケージと中身
とっても難しく、とっても楽しく、とっても素敵な関係!
もうじきバレンタインデー
楽しくお洒落なパッケージとチョコレートがたくさん出回っている





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ