2008/5/1

新緑の安曇野めぐり  Life

行ってきました
安曇野山麓線沿いのギャラリーめぐりと美味しいものの一日

田んぼにはもう水が張られて早くも田植えの準備でしょうか
こののどかな田園風景が大好きです

クリックすると元のサイズで表示します

「十色屋」さん
オリジナルの暖簾やタペストリー等、きれいな色のものばかり
珪藻土の壁が雰囲気を出しているシンプルな空間におかれた品々には
あったかさが溢れて・・奥様が作られたかわいい手作りのブックカバーや
ストラップもナチュラルでホッとさせられます
とにかく色が洗練されていてお洒落!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「十色屋」さんに教えていただいた「Gallery シュタイネ」
いつか行ってみたいと思っていたところでした
こちらにはいろいろな作家さんの一点モノが綺麗に並べられています
とってもシンプルですがそれぞれがいい感じに主張して・・
建物のデザインも素敵で入り口から期待が膨らみました
次回の企画は吹きガラス展だそうで又来てみたい気がしました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

静かに佇む古いお寺「松尾寺」
ここに立つと心が洗われるような気がしてしばし立ちつくし
安楽を願い手を合わせてきました
墨絵の会の方々が思い思いの場所で熱心に山門をスケッチされていました

クリックすると元のサイズで表示します

から松林の下には目にも鮮やかな山吹が咲き乱れて

クリックすると元のサイズで表示します

山桜もこんな感じ
高いところに鳥の巣箱が置かれています

近くでで小鳥の声が・・この辺のCafeでコーヒータイムを
コーヒーとラムレーズンのチーズケーキ
外のテラス席は爽やかでことさら美味しく感じました

クリックすると元のサイズで表示します

さてお昼はどうしましょう
ある雑誌に紹介されていた林の中の蕎麦どころ「早乙女」
あったかいキノコ蕎麦を
蕎麦の香り豊かでさっぱりとしたお味
ご家族で経営されているようで気持ちの良い応対でした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後は車で30分ほど走り豊科にある「蔵久」へ
いろいろ巡って渇いた喉にオイシイをお茶をいただきに・・
創業60年かりんとう一筋に歩んできた「久星」さんが経営するお店です
登録有形文化財指定されているお庭も立派な日本家屋
前は飯田家という造り酒屋さんだったようで、石坂浩二さんが主演した映画
「犬神家の一族」の撮影にも使われた場所とのことでした
庭を眺めながらいただくお茶やコーヒーの味は格別!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実演も見られる揚げたてのかりんとうも又格別のお味
コーヒーをいただきながらつい手が出てしまいました

クリックすると元のサイズで表示します

今日のギャラリーからのお持ち帰りは
黒に染めたマットとコースター、それに吹きガラスのペンダント
思い出とともに大切に使おうと思っています

心まで爽やかな若葉色に染まった安曇野の一日
また行きたい〜〜です

クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ