2005/9/26

たそがれという名の薔薇  

クリックすると元のサイズで表示します

インターネットでバラ苗を探していたときこの名前が目に飛び込んで
きた。
「たそがれ?」
「面白い名前、どんなバラかしら?」
先ずは名前に惹かれ、早速いろいろなバラリストで調べてみる。
丸弁平咲きで四季咲き、青みがかった薄紫色。
画像で見ると花弁の丸みや紫の色具合が微妙、それに芯の黄色が
何とも鮮やか・・一重のバラが好きな私はすっかり気に入ってしまった。
紫と黄色、対立すべき色が不思議と溶け合って調和して見える。
なぜか?それは花びらのひらひらした優しさにあるのだと自分なりに
納得した。
春4月、私のガーデンでは一番の早咲きで、花持ちは良くないが
かわいい花が繰り返し咲いて愉しませてくれる。

「たそがれ時にだけ見せるあの山の色、そう、あの紫色ね。」



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ