2006/8/30

バラの本の運命は?  サロン

<すみれ倶楽部Garden>をスタートさせてから
サロンには俄然バラの本が多くなった
華やかで美しい写真、珍しいバラの品種・・時間のたつのを忘れて見入ってしまう

大テーブルに置くと必ず誰かが手にとってページをめくっている姿が・・
1500種のバラが載っているバラ図鑑「Roses」は角が擦り切れて
ページがばらばらになり始めている

「今度はどんなバラを植えようかしら」
「虫対策は?」
本から始まるバラ談議もしばしばでとっても楽しそう

本にとっては過酷な毎日?
いや、きっと喜んでいてくれることだろう
そう考えることにした

かくしてバラの本は増え続けている



クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ