2010/3/11

いよいよ・・・  

3月に入って慌しい日々を過ごしています。

2日・・・点滴麻酔を受けながら奥歯を抜歯しました。
3日・・・ささやかに雪ちゃんとJのおひな祭り。
4日・・・お雛様を片付け。
6日・・・1泊2日で岡山の姉宅の法事。
9日・・・医療控除の申請しに税務署へ。
今日・・・コハル宅で子守。
そして、いよいよ明日は娘の入院の日(明日からしばらくの間コハルの育児に専念します)


娘が、コハルの出産後に耳が聞こえにくい、めまいがすると体調の変化を訴えだしました。
近所の耳鼻科に行くと<突発性難聴>と診断されました。
母乳を飲ませていたので、漢方で様子を見ることに・・・だんだん悪化しているのか社会生活に不便を感じるようになった頃、耳鼻科の先生から<耳硬化症>の疑いがあると、大学病院を紹介してくださいました。

<耳硬化症>とは・・・白人には多く、日本人は少ない疾患、妊娠出産後に発病、悪化する事が多く、低音が聞こえにくく両耳になるのが特徴。
アブミ骨を人工アブミ骨と置換えすることで正常聴力を回復しうる。

紹介された病院で沢山の検査を受け、やはり<耳硬化症>との診断でした。
宝くじに当たるくらい珍しい病気、手術は大学病院でも年間4例あるかないかだそうです。
この病院では手術のリスクが高くて薦めない、しばらく様子を見てから考えようとのことでしたが、それでも探し回り今回入院する某病院の先生にお願いしました。
この先生のお話では、日本では珍しい手術だそうですが、アメリカなどでは決して珍しくなく手術だそうです。

15日に手術をします。
どうか無事に手術が成功し、そして聴力が回復しますように

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ