2007/7/11

サーフィン歴@  SURF

私がサーフィンを始めたのは大学を卒業し某スイミングスクールに就職してからです。
そうですね、今からかれこれ20年以上も昔の話です。

当時の上司に誘われて右も左もわからない状態で行きました。
行った場所は(たぶん・・・記憶が定かでない)茨城の大洗海岸。季節は6月くらいだったと思います。そう、就職して2ヶ月くらい。
なにぶん何にもわからない状態ですから、わけのわからないことを沢山してしまったのを覚えています。

題して・・・

大洗で大笑い

@ウエットスーツを、ファスナーを前にして着てしまった!
・・・そりゃ、思いっきり笑われましたよ。ファスナーを上げて、「準備できました!」って言ったら大爆笑されました。

A「ボードにワックス塗っとけ!」と言われたので、ボードの裏側に塗ってしまった!
・・・これは怒られました。「アホか!」って怒鳴られちゃいました。スキーは山に篭るほどやっていたので、ワックスといえば滑りやすくする方だとばかり思っていましたから、スキー板の感覚でやっちゃいました。

B海に入る前に上司に「おい、前乗りはするなよ」と言われたので、ずっと『ボードの前の方に立っちゃいけないんだ』と思っていました!
・・・帰りの車の中でそのことを言うと、これもまた大笑いされました!

いやぁ、最初のうちはまったく立てずボードに弄ばれるばかりでした。
「サーフィンなんて何が面白いんだ????」って思いながらやってましたね。

何回か(半ば強引に)連れて行ってもらううちに、なんとか立てるようになり少しだけサーフィンの楽しさが分かりかけてきたころに・・・転勤になりました。

新しい職場では、副主任(後に主任)となりサーフィンどころではありませんでした。
私自身も本業の方(水泳指導)が面白くて仕方なく、ほぼ毎日を水泳に費やしていました。

そして折角立てるようになったサーフィンも、ろくすっぽしないまま10年以上が経ってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
※本文と画像はまったく関係ありません。また、これは私ではありません(笑)

次回「サーフィン歴A」に続く
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ