2018/5/30

怒涛の1週間を終えて〜その3  

【5月24日(木)〜25日(金)】

クリックすると元のサイズで表示します

JKことジュネが初のジャパンレベルの大会に出場しました。
100m平泳ぎは自己ベストから2秒以上遅いタイム(予選57位)、50m平泳ぎはその100mのラップタイムよりも遅いタイムで予選最下位というホロ苦いデビュー戦となりました。

50m平泳ぎのレース後に激凹みの本人と、今後の取り組み方についてミーティングしました。

結論は…

周りに左右されず、ジュネらしい「前半カッ飛び型の」レースをする!!
そして、そのための(レースのための)練習をするということを再確認しました。

今回の経験が今後の彼女にとってプラスになれば、ホロ苦デビューもまた良しですね。プラスにしていきましょう!!


大会会場では…

続きを読む
3

2018/5/30

怒涛の1週間を終えて〜その2  

【5月21日(月)〜23日(水)】

クリックすると元のサイズで表示します
オーストラリアから凄いメンツがやって来ました。

選手
・Jessica Ashwood
・Minna Atherton
・Gemma Cooney
・Jack McLoughlin
・Peter Mills
・Liam Hunter
・Zac Stubblety Cook
・Theodoros Benehoutsos

スタッフ
・Glenn Beringen
・James Salter
・Vincent Raleigh
・David Lush
・Jessica Corones
・Andrew Cameron

という豪華メンバー。
わからない方のために、補足説明すると…

女子選手のジェシカ・アシュウッド選手は自由形長距離の選手でリオ五輪女子4x200リレーの銀メダリスト、4月に行われたコモンウエルスゲームスの400自、800自、4x200リレーの金メダリスト。ミナ・アサートン選手はコモンウエルスゲームスのオーストラリア代表(背泳ぎ)。男子選手ではジャック・マクローリン選手が1500m自由形のリオ五輪代表(9位)などなど。

スタッフでは、ヘッドコーチのグレン・ベリンゲン氏は往年の平泳ぎの名選手。1984年ロサンゼルス五輪の200m平泳ぎの銀メダリスト🥈(ちなみに優勝したのはビクター・デービス選手🇨🇦)。コーチのデビッド・ラッシュ氏は、あのエミリー・シーボーム選手のコーチでもあり昨年度(2017年度)のオーストラリア水泳協会のコーチオブザイヤーを受賞した大コーチ!、またヴィンセント・ラーレイ氏は、前出のジェシカやジャックを指導する名門チャンドラーのベテラン敏腕コーチ。

とにかく凄いメンツがチバコクにやって来ました!!

オイラはオーストラリア水泳協会ならびに千葉県水泳連盟からの依頼を受け、チバコクでの練習に於ける彼等の全面的サポートをしました…というのは名目上であって、しっかりと勉強させてもらって、たっぷりと盗ませていただきました😎


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

選手もスタッフも皆、サイコーに良い人ばかり!
月曜日の午後練習ではスナッパーズのメンバーも隣で練習させてもらったり、火曜日の午後練習と水曜日の午前練習には(わざわざ静岡から!)サヨコちゃんが練習見学に来てくれたり、キツかったけどとても充実した3日間を過ごすことが出来ました。

そして気がついたことは、自分の英語力が著しく低下しているということ⤵
なんとなく言っていることはわかるけれど、すぐに英語で返せなかったり、言いたいことが言えなかったり。何度も「Pardon」と聞き返されたり…。100点満点中の10点くらいの会話能力でした。

もっと英語を使う機会を増やさなくちゃなぁ。

次回、「怒涛の1週間を終えて〜その3」に続く。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ