2020/1/26

千葉県短水路選手権  SWIMMING

ステージ1・フェーズ2のターゲットレース「千葉県短水路選手権」が終わりました。

新たにホノカが200Flyで春季JOの標準記録を突破し、オリンピック会場となる「東京アクアティクスセンター」で泳げることになりました。

この時点での春季JOの標準記録突破者は3名。

ジュネ 50Fr,100Fr,50Br,100Br,50Fly(のうち3種目)
ホノカ 200Fly
サワ 50Br

久々の複数名出場である。
来週の「県室内選抜=千葉県オープン」、3/1の「第6回千葉県ジュニア」で、最低でもあと3名増やすぞ

JOまではまだまだだが、今回のレースで奮起したのが中学生たち。
お兄さんお姉さんたちに追いつけ追い越せとばかりに、果敢に前半から攻め自己ベストタイムを連発日本祝日日本祝日日本祝日

出場した3種目全てで自己ベストタイムを更新したのはサチ。
「新フェス」でも4種目中3種目でベストタイムを更新したので、この2週間で7回ベストタイムを更新したことになる。
中でも400FrはA-10まであと0.4秒と迫る大ベストで泳いだ。今後が楽しみな若手の一人です。

この試合に出れず、未公認大会の千葉市中学新人戦に出場した2名(マサトとシュート)も自己ベストタイムを連発し、公認大会への出場に向けて道が開けてきました


クリックすると元のサイズで表示します

今大会2日目からお目見えしたチームフラッグ。
来週の「県室内選抜=千葉県オープン」では、各々の今季スローガンを書いて掲揚します。
是非、皆様みてやってください!
5

2020/1/20

2月のパーソナルレッスン  SWIMMING

令和2年2月のパーソナルレッスン日程は下記の通りです。

年間を通して最も寒い季節です。
だからこそ、泳ぎましょう水泳水泳水泳水泳水泳
そして心も身体も鍛えましょう

クリックすると元のサイズで表示します
【チバコク=千葉県国際総合水泳場】2/20 12:30更新 
  全ての受付終了しました。
  ありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します
【臨スポ=袖ヶ浦市臨海スポーツセンター】2/20 12:30更新
22日(土)予約受付終了しました
23日(日)16:00〜17:30
24日(月)16:00〜17:30
29日(土)12:00〜14:30、18:30〜20:00

レッスンは1コマ30分単位で行います。1時間の場合は2コマ計算になります。
レッスンの精度を上げる意味で、レッスンは基本的に1日4コマ以内&1日2名様(2グループ様)以内とさせていただいております。何卒ご了承ください。

グループレッスンフィー(指導料金)等の詳細をご希望の方は下記のメールアドレスまたはFAXでご連絡ください。
お申し込みはレッスン日の3日前までにお願いいたします。直前のお申し込みは受付致しかねます。

また、上記2会場以外のプールや時間帯でのレッスン、グループレッスン等々のご相談も喜んでお受けいたします。
【過去にレッスン実績のあるプール】
・こてはし温水プール
・浦安市総合体育館温水プール
・東京辰巳国際水泳場
・リフレッシュプラザ柏温水プール
・船橋アリーナ
など

お申し込み、お問い合わせ連絡先
naluaquatics2005@aol.com
FAX 050(1063)6370


2

2020/1/13

令和最初の新フェス  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

令和最初の「新年フェスティバル」は男女総合19位という結果に終わりました。

数年前にひとり3種目エントリーになり、今年から個人種目はひとり4種目までエントリーができるようになりました。
大会開催は2日間になり、予選決勝が行われ、A決勝、B決勝それぞれに得点が与えられ、リレーは倍点。各種目にチームごとの出場人数制限はありません。参加資格級A-07を切れていれば何名でもエントリーできます。
B決勝はそれぞれの年齢区分で予選参加人数が22名以上の種目のみ行われ、B決勝に与えられる得点はB決勝が実施される種目のみ。予選参加人数が21名以下の種目ではB決勝は行われず9位以下には得点は入りません。

なので…

「総合得点」で争う対抗戦としては、参加人数が多いチームが圧倒的に有利な大会なのです。
少数精鋭では(対抗戦としては)全く勝負が出来ない大会です。

そこで、天邪鬼なオイラは総合得点を参加人数で割ってみました。
要するに、コストパフォーマンスはどこが一番高いのかってのを計算してみたわけです。

優勝したVERDIさんは66名で1399点なので21.19、2位の稲毛インターさんは18.94、3位のセントラル南行徳(研究所)さんが19.96、4位のCACSSさんが上位10校では一番高く25.52となりました。

で、ウチはというと…

9名で354点なので、ひとりあたりの得点はなんと!

39.33点

となるのです。

これって、どうです?
負け惜しみの自己満足かもしれませんが、戦った選手たちを褒め称えるには十分な結果じゃないですか?

ちなみに自己ベスト更新率は34.38%、自己ベスト達成率は98.52%でした。

いよいよ再来週の「県短水路」に向けて、ガッチリと合わせていきます。

乞うご期待!!


ところで…

続きを読む
10

2020/1/6

アニマルウィークだん  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

3週間に及んだ「冬のアニマルウィーク」が昨日で終わりました。
とはいえ、大した距離は泳いでいません。
しかもインフルだの、塾(冬季講習)だの、何処彼処が痛いだの、様々な「言い訳」があったために
当初の予定通りに練習が出来たのは全体の半分くらい。

その結果が昨日のレペ(5x100-10' Dive)に出ましたねぇ…


予定の距離を泳いでいても、ただ単に泳いでいた(=泳がされていた)だけの者も同様の結果です。

こんなことを書くとお叱りを受けるかもしれませんが、あえて書かせてもらうと…

やっぱり「賢い」子の方が「アホ」より速くなりますね。
「賢い」ってのは学校の勉強(≒テスト)の点が良いとかではなく、「考えながら練習出来る」ってこと。
ストローク数を数えたり、どこのフォームをどう直すとどうなるのかとか(←抽象的過ぎ?😅)、スタートやターン、ゴールタッチといった細かい部分に意識を持っていくとか…
コーチに言われることも大事だけど、自分なりに「考えて練習できる」者が速くなる…ってつくづく思うのです。

特に、中学生・高校生になってまで「やらされてる練習」じゃ天井見えちゃう。
ブルース・ウィルスが映画「ダイハード」の中で窮地に追い込まれて『Think, Think, Think(考えろ、考えろ、考えろ)」ってシーンがあるけど、とにかく考えて練習しよう。

ここから「県短水路」までは量を落とし過ぎず、ストレスを下げながらやっていきます。

もちろん「新フェス」はノーテーパー。水中練習も陸トレ(ウエイト)もガッチリやって、大会そのものはレペ練習と同じ感覚で行かせます。
4

2020/1/1

新しい年を迎えて  

あけましておめでとうございます!

昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。


続きを読む
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ