2021/6/8

蜂窩織炎  

クリックすると元のサイズで表示します

実は…
ジャパンオープン2日目(6月4日)あたりから、足の甲と脹脛に覚えのない傷というか「穴」みたいなのがあり、傷口と痛みがどんどん広がっていって、フォレストキャンプ3初日(6月5日)には普通の絆創膏では覆いきれないほど大きくなって痛みも半端なくまともに歩けなくなってしまいました。

昨日(6月7日)の朝起きると、踝(くるぶし)が行方不明になる程に膝から下が浮腫んでいて、そりゃもうサリーちゃんの足状態でした。上の画像は今日(6月8日)、昨日は本当にヤバかった…。

恒例の月曜早朝サーフィンを諦め病院へ。

クリックすると元のサイズで表示します

採尿、献血、傷口の消毒と薬の塗布、そして抗生剤の点滴…
思っていたよりはるかに重症でした↓

この時点ではまだ病名は判明できず、今朝の通院と治療で「蜂窩織炎」だということでした。今後高熱が出るようだと「ツツガムシ病」かもしれないけれど、おそらく「蜂窩織炎」で間違いないと。

読めます?
ホウカシキエンと読みます。

クリックすると元のサイズで表示します
大量の薬を処方して頂きました。


・本日から1週間、ナルーの練習はプールサイドからの指導になります。選手諸君、ごめんなさい。
・明日朝のNASは行きます。こちらもプールサイドからの指導になります。メンバーの皆様、ごめんなさい。
・日本都市は木曜日から復帰します。忙しいのに申し訳ないです。
・土曜日のパーソナルレッスン、日曜日の大会競技役員はやります。

すみません、今日と明日は治療優先で養生します。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ