2021/10/25

千葉県秋季大会  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

大変ご無沙汰しております。
長々と更新をサボっていました…申し訳ありません🙇‍♂️

また、少しずつ更新の頻度を上げていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします✌️

さて、一昨日と昨日は「千葉県秋季大会」でした。

久々の短水路大会。Nalu Aquatic Clubからは3名の選手が、そしてサブトレーニングメンバーのユマ(ウスイSC)も出場しました。

4名の競技成績は下記の通りです。
パーソナルベストタイム更新率  61.5%
パーソナルベストタイム達成率 102.9%

【個人成績】🇯🇵はパーソナルベストタイム

サユリ(中3女子)
・100Fr 1:01.58🇯🇵PB-1.05
・50Fly 29.39🇯🇵PB-1.05 / 決勝 29.33🇯🇵PB-0.06(6位)
・100Fly 1:04.48🇯🇵PB-2.65
・200IM 2:29.86 PB+4.52

ダイキ(高1男子)
・100Br 1:02.93🇯🇵PB-0.45 / 決勝 1:03.33 PB+0.40(4位)
・200IM DQ

セナ(中3男子)
・100Fr 53.78 PB+0.16
・50Fly 26.35🇯🇵 PB-4.31
・100Fly 57.94🇯🇵 SCM初
・200IM 2:07.80 PB+0.26(10位)

ユマ(中1男子)
・100Ba 1:11.04🇯🇵 PB-10.18
・200Ba 2:31.75🇯🇵 PB-1.65
・200IM 2:29.38 PB+0.07

数字的には悪くないんすが、肝心の200IMがボロボロ…
誰一人としてベストタイムを出していないし、おまけに失格者はいるし…😭
まだまだ200m泳ぎ切るだけの泳力(=メンタル、技術、体力、全て)がないということです。その証拠に皆、ラストのフリーのラップが激オチくん⤵️

ただ、この7週間テクニカルなこと中心にドリル練習やフォーム練習中心にやってきた成果は確実に出ています。まだまだ未熟な部分もありますが(特にスタート、ターン)、その辺りは次の局面(フェーズ2)でしっかりとやっていこうと思います。

次なるターゲットは12/5と12/12の「県ジュニア」。
大会の日程がコロコロ変わるんで、目標の設定や練習計画を立てるのが難しいけれど、大会を開催していただけるという感謝の気持ちを忘れずに、その日その日をコツコツとやっていこう。

一瞬のために、小さな努力を積み重ねよう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

2021/10/11

森の合宿  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

今季最初の土日合宿(通称「森の合宿」)を昨日、一昨日と行ってきました。

先週は平泳ぎのテクニック向上週間でもあったので平泳ぎのドリル練習がメインでしたが、日曜日の午後練習では、これまた今季初となるテスト「Test#6.01」を実施。4種目のスプリント能力を確かめるテストなのですが、今はまだ泳ぎを修正している時期であるため、現段階でのスピードをチェックする意味で行いました。

前シーズンを記録的に上回ることも大事ですが、修正した泳ぎで@如何に効率よくA如何に速く泳ぐことが出来るか。それが大きな狙いでした。

結果は上々。
タイムこそ大きな変化はありませんでしたが、確実に泳ぎは変わりつつあります。

25mを「まともに」泳ぐことから、50m、100m、200m、そして400m、800m、1500mと繋がっていきます。
まさしく反復練習です。
何度も、何度も繰り返して、自分のフォーム、自分のリズム、自分のタイミング、そう「自分の泳ぎ」を確立していきます。

そういった意味でも、とても良いタイミングでの短水路練習となりました。

明日(10/12)からまた長水路での練習に戻り、バタフライのテクニック練習から入ります。2週間後の「県秋季」では全員200IMを必修種目としてあります。

どの泳ぎをどう泳ぐのか?
そしてターン。

とても楽しみな短水路大会です。
皆様、応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m
11

2021/10/3

背泳ぎ  SWIMMING

MOVE 2022シーズン4週目は「背泳ぎ」。

先週の「クロール」は結構順調に進んだのだが、週明けの9/28からワクチン接種で(選手が)休みだったり、台風16号の影響で練習が中止だったりと、今週は思うように練習が進まなかった。

オイラ的に背泳ぎは「一番感性(=いわゆる水感)が必要な泳ぎ」だと思っていて…。

リカバリーの一瞬しか肉眼で確認することができず、それ以外の動作は全て目に見えない水中で行われている。
キック動作は4種目のどの泳法も、泳ぎながら肉眼で確認することは不可能だが、プル(ストローク)動作においては背泳ぎ以外の3種目(クロール、平泳ぎ、バタフライ)はある程度見ることが出来る。しかしながら、背泳ぎだけはストロークを肉眼で見ることは出来ないのだ。

故に、感性が重要なのだ。
特にオイラが重きを置いている点は3つ。

@キック動作〜特にダウンキック。膝裏から柔らかく下ろすイメージ。
Aキャッチ動作〜いかに沢山の水を捉えることが出来るか。入水位置と手のひらの向き。
Bタイミング〜同側の動き=入水(キャッチ)とアップキック

故に、その辺りのドリルを徹底的に入れてみたのだが…笑えるほど出来ない😅
ってか、それ以前の問題としてキックがべらぼうに遅い。背泳ぎのキック10x50(1')で50秒切れないとかザラなのだ。

加えてプル。これまたおそ松くん。

頭を抱えることが多い1週間であったが、その分「伸びしろ」も多いとポジティヴに捉えよう。

と言うわけで…

「背泳ぎ」ウィーク、もうちょっと延長しまぁ〜す(笑)  

絶品な彼女🇦🇺のバックストロークを観て、イメージトレーニングしよっと✌️

10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ