2012/10/23

クロールの拘り  SWIMMING

ナルーの面々は昨日から「クロールの練習」に入りました。

ここ数年ちょっとした拘りがあって、基本的に私は「グライド」「キャッチアップ」といった系列のクロールをやらせません。中には、あえて本人だけに(その練習が必要だと判断した場合のみ)やらせる場合もありますが、基本的には「コンティニュアス」でやらせてます。

なので、片手回しのドリルも



こういった感じで、もう一方の手は前に出しません。
呼吸はストローク側、気をつけ側(?)、の両方やります。
また、気をつけをしてる方の腕で水中ストロークをする場合もあります。




ドギーパドル(=所謂「犬かき」)やヒューマンパドルといったドリルもやります。腕を入れ替えるタイミングがポイントです。




我々は「フラミンゴ」って呼んでますが、ここでは「エジプシアン・クロール」って言ってますね。なんでエジプトなんでしょう??どなたかわかりますか?


ちょっと話が横に逸れてしまいましたね…(^^ゞ
なかなか文章で自分の拘りを表現するのは難しいものです。

他にもいろんなクロールの練習をしていますが、最近ちょっとマンネリ化してきていて、刺激が欲しいです。
誰か、私とクロールを、いやクロールに限らず「水泳」を語りましょう!アツく!!



…と、まぁ独り言のような投稿でした^v^








☆☆☆☆☆
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ