2019/1/10

心構え  

クリックすると元のサイズで表示します

心を構えると書いて「心構え」。
皆さんは競泳をするにあたって、しっかりとした「心構え」がありますか?
どんなに素晴らしい才能やテクニックを持っていたとしても、どんなに優れた身体能力を持っていたとしても、心構えがしっかりしていなければ、その才能や身体能力を十分に発揮することは出来ないのです。

心技体とは言いますが、技心体とか体技心とは言いません。
そう、才能も身体能力も「心」の後です。

だから心構えが必要なのです。すなわち「心が前」なのです。
よく「最後は気持ちだ!」とか言いますが、最初から「気持ち=心」なのです。

当て字、当て付けのように聞こえますが、まんざら嘘ではないと思います。

気持ち(=心)だけではどうにもならないこともあるかもしれませんが、まずは「心」を前面に、いや全面に出しましょう!!

題字は「喫茶シマコス」の店主。
実はこの話も店主のお話の受け売り(笑)


昨年末の南関東ブロックジュニア選手研修合宿や、何年か前の千葉県国体合宿の時に選手の前で話させていただいたことなのですが、オイラなりにかなり気に入っているフレーズです。
12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ