2018/9/6

はじめてのピアニカ  

今日の活動は、ピアニカを使ってトレーニング
みなさんはじめてのピアニカだそうです
クリックすると元のサイズで表示します
なんだろう?どうなっているんだろう?と興味津々
クリックすると元のサイズで表示します

まずは今日の目的ですが、咀嚼・嚥下の機能を低下させないように・・・
@頬の筋肉・口の筋肉・舌機能を強化すること
A呼吸機能を向上させること
これにはピアニカが有効かと考え、取り入れてみました

息がしっかり吹き込まれていないと音が出ませんし、音を出すには同時に指で鍵盤を押さえなくてはなりません。声を出してやるより、できているかできていないかが確かで、同時に複数動作をすることで脳も活性化されると思われます。まずは、腹式呼吸をじっくりやり、息を吹き込む準備体操をしました。

クリックすると元のサイズで表示します
この方は、ピアニカは吹いたことがなく最初は吹き込みがうまくいきませんでした。しかし、唇に力をいれてきちんとくわえたら、音が簡単に出せることがわかり、指も滑らかに動かし吹くことができました。なんと、小さいころピアノを弾いた経験があり、エリーゼのためにを演奏してしまいました。すばらしい

クリックすると元のサイズで表示します
吹き口をうまくくわえることができずに苦労していた人もいましたが、コツをつかむと短い音ですが出すことができました。とてもうれしそうな顔が印象的でした。
音が出ることが楽しくて、何度も挑戦していました。

今日は、頬や口の筋肉を使えていないことがわかりましたので、今後は長く息を吹き込めることと、指を全部使って違う音が出せるよう、トレーニングを続けていきます。咀嚼・嚥下の機能低下防止になればいいなと思います。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ