2006/9/22

ロバと王女(’70)  ヨーロッパ

「シンデレラ」を生んだジャック・ペローによるやや「シンデレラ」似の「ロバの皮」が原作。名作「シェルブールの雨傘」(’64)のジャック・ドゥミ監督、主演カトリーヌ・ドヌーブ、ミシェル・ルグランの音楽での、「シェルブール・・」のように全編歌、というわけではないものの、ミュージカル調のファンタジー。

日本でも’71に公開された”幻の名作”で、先日デジタルニューマスター版としてDVD発売、レンタル開始に。「シェルブール・・」のように特に耳に残る旋律はなく、お話自体は童話調、でもさすがに20代後半のドヌーブの美しさ、気品、彼女演じる王女や妖精の数々のドレスの優雅・鮮やかさ、中世のファンタジックなお御伽の世界を堪能、の作品。

今日飯田橋のギンレイホールで最終日の「ナイロビの蜂」「ブロークン・フラワーズ」2本立てを見に行く予定で、ギンレイホールは随分久方。その前に「ブロークン・・」のジム・ジャームッシュ監督とビル・マーレイの、少し気になっていた前作も見てみたかったものの、近隣レンタル店で4、5本ずっと在庫なく。(http://www.cetera.co.jp/roba/

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ