2006/9/29

楽聖ショパン(’44)  アメリカ

\500クラシック映画DVDで、チャールズ・ヴィダー監督作品。クラシック音楽家の伝記は多分「アマデウス」以来。ショパン、と言えば、反射的にガゼボの「I Like Chopin」をカバーした小林麻美の「雨音はショパンの調べ」(’84)も、懐かしくメロディが頭に。

もともと「別れの曲」というショパンの伝記映画を脚色、映画化した作品のようで、パリへ出て、リストや、男装の女流作家ジョルジュ・サンドとのマジョルカ島での世間と隔離した日々、ロシアの圧力を受ける故国ポーランドのため、彼女の元を去り疾患をおして演奏旅行に出るくだり等、39年の生涯の伝記。

彼のポロネーズの一つに魅了されたリストと共に演奏したり、最近ではフジ子・へミングの伝記ドラマで演奏されているのを聞いた、やはり「さびしんぼう」(’85大林宣彦監督)の映像を思い出す、サンドとのテーマ曲的に折々流れた名曲「別れの曲」、マジョルカ島で作曲するノクターン等、全編に流れる彼のピアノ曲の数々をバックに、天才ながら、音楽に没頭するのみならず、祖国への正義感、思いも強い人間的な側面も描かれた作品。(http://www.kouichirou.com/frt/frt135.html雨音はショパンの調べ(

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ