2005/12/4

SAYURI(’05) AOLブログトークスレッド  日本

アクセス数:150
投稿日時 2005/12/4 22:13:46
更新日時 2005/12/10 21:28:02

前MBにも結構前にスレッド立っていたと思いますが、今週末公開の「SAYURI」いずれ見てきたいと。

原作はアーサー・ゴールデン著作の「Memories of a Geisha」(邦題「さゆり」)、昭和初期、激動の時代を生きた一人の芸者の生涯が描かれ、監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル、出演はヒロインにチャン・ツィイー(日本人女優でないのが少し残念)の他、渡辺謙、コン・リー、ミシェル・ヨー、別所広司、桃井かおり、工藤夕貴らの顔ぶれ。

アジアのスター達の共演、一人の女性の波乱のストーリーと共に、スピルバーグ監督総指揮の下、豪華絢爛、かつ神秘的に描かれている、という日本の姿の映像美が、「春の雪」等とはまた違う趣か・・と、楽しみです。

ご覧になった方、気軽に何でも感想お寄せ下さい!



6 これはいけてます。

投稿者:Daviskawa 投稿日時 2005/12/10 21:28:02
更新日時 2005/12/10 21:28:02

 今日見てきました。「2046」「狸御殿」内容さておきチャンツィイー、コン・リー、ミシェル・ヨーを楽しみに行きましたが、男のドラマの「ラストサムライ」に対抗できるほど見入りましたよ。「ラスト・・」同様日本のようでちょっと違うかという心配もありましたが、桃井かおりも含めてまさに女優のガチンコ勝負で面白かったですね。ネタバレにあたらないと思って言いますが経過はともかくハッピーエンドに違いないところも満足です。この物語いまは亡き五社英雄が監督してたら迫力は出るでしょうけど映像美はむずかしかったでしょうね(あまり意味ない発言です)。でも外人に芸者と娼婦の違いがわかるのかなあ。それから主役が日本人でないのは仕方ないにしてもなんで日本で製作できないのかが情けないですね。マコ岩松さんも出てるし、音楽がジョン・ウイリアムス等、かなり豪華なメンバーが結集していますよ



5 >4チャン・ツィイー出演

投稿者:Autumn 投稿日時 2005/12/10 1:13:17
更新日時 2005/12/10 1:13:17

白のワンピース姿で登場、最近スクリーンで見かけたのは「2046」でしたが、その時より何だか肌艶良くて瞳キラキラ、物腰もエレガントで、流れた彼女のASIENCEのCMではないですがまさに”アジアン・ビューティ”というフレーズが相応しい気が。じっくりトーク場面は初めてでしたが、面差しがやや水野真紀似?とか。

祖国では色々言われてるようだし、「SAYURI」ヒロイン、日本人女優でないのが本当に残念と思ってましたが、やはり現状、今回必要とされる英語力・美貌・存在感etc彼女クラスの魅力・実力ある人材が日本では見当たらなかったのか・・と半ば納得、な気も。徹子さんも言ってましたが、全編映像美も素晴らしそうで楽しみにしたいですね。今日公開です。



4 >3舞台裏騒動・徹子の部屋

投稿者:Autumn 投稿日時 2005/12/9 0:51:50
更新日時 2005/12/9 0:51:50

秋頃、「亡国のイージス」に出た韓国女優チェ・ミンソも”日本の極右映画(!?)出演”で祖国で非難を浴びている・・という記事を見かけましたが、今回のチャン・ツィイーにしても、本人達は、たまたま日本関連の作品の出演依頼を、プロ意識を持って受けて誠実にこなしただけでしょうが、歴史背景や国民感情は根深くナイーブな部分ですけど、舞台裏で色々言われるのは気の毒ですね。

「どうでもエエ・・」スレッドでもご紹介されてますが、チャン・ツィイーが明日(9日(金))の徹子の部屋に出演するそうで、本作についても色々逸話聞けそうで、注目。



3 >1〜2 過剰反応?

投稿者:はなこ 投稿日時 2005/12/7 13:40:19
更新日時 2005/12/7 13:40:19

昨日はご紹介のサイトを見られなかったのですが、
今、やっと見られました。
チャン・ツイィーってプロ意識の高い女優だから
体当たりの演技でこの役に臨んだと思うのですが、
母国の人の反応はヒステリックですね。
何と言っても世界的に注目される作品の主役なのだから、
むしろ誇るべきなのになのにね。彼女がかわいそう。

日本ではそういうことで、とやかく言うファンはいないと思うのですが。
社会の差別構造、イメージの刷り込み、国家間の関係など、
いろいろな要素が、人の目を曇らせるということでしょうか。

先日、日経の映画評では5点満点の3点でしたが、
批評家によって好みもあるだろうし、良し悪しは、
自分のこの目で確かめてみないことには。



2 >1

投稿者:Autumn 投稿日時 2005/12/6 14:31:45
更新日時 2005/12/6 14:31:45

「オペレッタ・・」のチャン・ツィイーは中国から来た狸姫、の設定で中国語も話していたし濃厚シーンもなかったし、そういう点あまり反感なかったんでしょうか・・本作の方が注目度高く、日本人という設定とはいえ、シーンと共に”芸者”という役柄自体も少し物議の種という気もしたりするのですが。

芸術と割り切れば、という所ですが、感じ方によってはナイーブな問題なのでしょうか。今回と日中逆パターンで「南京の基督」など中国人娼婦の少女役富田靖子とレオン・カーフェイ、結構濃厚シーンありましたが、特に物議をかもしたとか聞いた覚えはなかったですが・・。



1 物議が出るのか?

投稿者:eigabuchou 投稿日時 2005/12/5 1:18:18
更新日時 2005/12/5 1:18:18

 朝鮮日報の社説で知ったのですが、中国でちょっと話題になったようです。
「オペレッタ狸御殿」やらもあったわけで、お門違いのような気もしないではないですが・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ