2006/4/18

ションヤンの酒家(’02)  アジア

これも気になっていたフォ・ジェンチイ監督「山の・・」と「故郷・・」の間の2作目。ここでは舞台は重慶の都市。街の片隅で屋台を営むタオ・ホン演じるヒロインのバツイチ女性。

3作とも地に足をつけた生活の中の繊細なドラマですが、ここでは家族の問題・確執を抱えながら、夜の雑然とした世界に生き気丈に暮らす彼女の、日々通いつめる年長の男性への心の揺れ。

都市開発の波に飲まれそうな、彼女が守ってきた小さな屋台、それが彼女を支えるプライド。積み重ねてきた愛着の入り混じった正当なプライドを理解されず、価値観を分かち合えないゆえに迎える別れ・・やはり孤独が似合ってしまう不器用なヒロインの切なさへの複雑な共感。

質素なロープーウエイが行き来する都会の映像、飾り気ないシンプルな照明が連夜の祭りのようなアジアの混沌としたムードを漂わす屋台街を舞台とした、ほろ苦い”一人の女性の断片”でした。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002HV3KW/503-2712501-8139957故郷の香り(’03)銀の街から/東京国際映画祭

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/18

カンブリア宮殿  分類なし

今夜からテレビ東京で、村上龍氏と小池栄子司会の経済テーマのトーク番組が始まったそうで、先程AOL芸能欄の記事http://news.aol.co.jp/story/news.date=20060417123218&companyで気付き、今回見逃しましたが、「KYOKO」がらみの出演だそうで、「KYOKO」のことも少しだけ触れておりほんのり感動。

村上小説・エッセイ、身辺と異質な世界観に文章力で引き入れられる、というか、全てではないですがある時期まで読んでいて、ユーミン同様いつしか疎遠に・・というか、最後に買ったのは「世のため、人のためそしてもちろん自分のため」(’00)という大学院で法律を学ぶ風俗嬢とのメール交換形式の本。

映画は「KYOKO」以外はご本人監督作品はちょっと(というかやはり「KYOKO」が特別な作品かも)・・で、他監督で映画化されたものでは「69」は良かった、という所ですが(「半島を出よ」も映画化されるとか)、色んな意味でシャープな人だと思うし「13歳のハローワーク」等はずっと読んでみたいと。

でも「人が他人に出来ることは、キラキラ輝いている自分を見せつけることだけ」のコンセプトに、近年どうも感覚的に違和感が強くなった、という所でしょうか。でも、もう「KYOKO」から10年、そんな気は失せたのかもしれませんが、「KYOKO」のような作品ならまた作って欲しいし見に行きたい。

昔あった彼のトーク番組「Ryu’s Bar」は時折見ましたが、この番組もとりあえず、チェックしたいですね。(http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ