2006/6/26

サヨナラCOLOR('04)  日本

原田知世がヒロイン役、とのことで気になっていた竹中直人監督作品。病気のヒロインを元同級生の医師が支える、というお話的には有り触れている気がして後回しにしていましたが、意外なラストでもあり、舞台の海辺のムードも残る優しい後味で、同監督の「東京日和」より好感触で星4つ、でした。

やはり、原田知世の魅力が散りばめられた一品で、「落下する夕方」('98)という作品でも、「時をかける少女」のその後の芳山和子、のような趣がありましたがこの作品の方が、硬質な少女らしさから女性へと成熟しつつ、素直な透明感は失っていない姿に、感動。これは「東京日和」での中山美穂のように、竹中直人の原田知世というキャラクターへの憧憬が根底に息づく作品では、とも。

彼女のムードと対極の竹中直人の、濃い独特なノリの医師の彼女への思い入れが、ヘタすればぶち壊しになる所で、小道具の手作りランプ、折にはさまれる啄木の一節等の彩りもあり、コミカルさと情緒が絶妙のバランスを保つ珠玉作、でしょうか。中島みゆきさんが医師のチョイ役で登場、も嬉しかったり。

この作品は、竹中氏が「サヨナラCOLOR」('01)(上の左から3つ目のLYRICをクリックすると歌詞が)という曲からヒントを得たようで、エンドロールでも永瀬タカシ(ハナレグミ)+忌野清志郎バージョンが流れていましたが、どうしょうもない”別れ、から始まる何か”も多くある、というコンセプトに救いというか痛みを包み込むニュアンスがあり、作品のムードとも合っていたのでは。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000EMSLKK/249-0094671-8308344?v=glance&n=561958村の写真集(’03)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/22

ドルフィン・グライド(’05)  その他

「ビッグ・ウェンズディー」等サーフィン映画のカメラマンとして有名なジョージ・グリノーが監督の21分の短編ドキュメンタリー。海中の世界を描いた「アトランティス」「ディープ・ブルー」等思い出しますが、この作品はひたすら疾走するイルカの視線で海中、折に海面上の世界を追っているリアルなスピード感が特徴。

基本的に、他の魚達も行き交うブルーな海中の果てない世界、頭上の海面に浮かぶ光の揺らめき、ふと浮上して仰ぎ見る青空と太陽。以前「海を飛ぶ夢」という作品で、身体不自由な主人公が自由を求める心象風景として大地や海を飛ぶ鳥の俯瞰の映像があり、私も大分前に砂漠や海岸沿いを低空に飛ぶ鳥の視覚のような妙に生々しい夢をよく見た時期があり、そんなことも思い出したり。

メイキングも付いており、この撮影のためにボート+カメラの特殊な撮影装置を準備したり、ジョージ・グリノーという人はサーフ映画のチューブの内側の撮影を考案したらしいですが、リアルな海の躍動への撮影にこだわりが伺えます。

こういう作品によく言われる”癒し”の謳い文句もあるようですが、短編ながら、何の思惑もなく無心に泳ぐだけのイルカの世界、確かに一時別世界のパノラマに少し肩の力が抜ける作品ではあるでしょうか。(http://www.movienet.co.jp/movie/opus05/dolphin_glide/index.htmlクリスタル・ボイジャー(’72)モスト・インナー・ミニッツ・オブ・ピュア・ファン(’68)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/18

海へ See You(’88)  日本

「南極物語」の蔵原惟繕監督+高倉健主演のコンビ作。ダ・カールラリーに裏方として参加する健さん。砂漠の中人間模様が繰り広げられ、砂漠を疾走する姿も渋いですが、やはり健さんの不器用な優しさに寡黙な男気が伝わるような。

舞台もスケールあり、英語を操る健さんは「ブラックレイン」以来で、興行的には余り受けなかったそうですが、ダ・カール+健さんというだけで絵になる作品かも。奔放な外国育ちの設定の前妻いしだあゆみ、恋人を追ってきた人気歌手役、懐かしい桜田淳子(ドラマ「ニューヨーク恋物語」の気の強い役が思い出され)等も健さんに絡んできてハードな世界に花を添え、というか。

作品のどこに何を感じるかは、本当に各自違って当然で、この作品もダ・カールという題材に興味持ったり、健さんファンだったり様々でしょうが、やはり個人の背景や経験、そういったものによって、いしだあゆみの悲劇の自動車事故シーン等一つの感じ方にしても全く異なるはず。

劇場代、DVD・ビデオレンタル代等多少なりともの出費、時間の、好きで費やしたことでその見返り、というのも妙かもしれないけれど、そういうものを言葉にして公表するしないはさておいても、一人一人が率直に感想として自由に心に抱くのは当然だと、改めて思う。こうであらねばならぬ感想、など存在しないはず。(http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_1107_247_712_800/27938015.html「単騎、千里を走る」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/12

英検  分類なし

DVD何本か見たものの書き込んでいませんでしたが(今見かけているのは健さん主演「海へーSee you-」)、先月半ば思い立って過去問題集、テキストを買い、勢いで申し込んだものの、ついにその気になれず買ったまま封を開けることなくないがしろに迎えてしまった昨日英検1級1次。数年ぶり、通算7、8回目。

とりあえず、受験料も払っているので問題位は入手したいし、行かないのも益々後悔を引きずりそうで仕事前受けてきて、棄権するよりは前向きだったと思うし、少々風通しが良くなった感で、気分転換にも。

最近傾向変更は聞いていたものの、そのチェックすらせずでしたが、英作→課題作文に変わり、リスニングの記述式がなくなっていた代わりに、1番の会話問題がより高度に。元より苦手で最近全くノータッチでもあり、言葉が耳を通り抜けて行くのみ(-_-;)。劇場、DVD洋画鑑賞の際一応リスニングの対策も兼ねているつもり、ではあってもどうも種類が違う、というか。

筆記の方は、1番の語句問題は意外と以前の手応えあったものの、やはり長文の読解のスピードがかなり衰えていて、英作は以前の国連英検の感じで何とか適当にまとめ、マークシートでかなり運が良ければ合否線上・・という所でしょうが、合格ラインも高そうで、まあ、とにかく何はさておき重い足を運んで受けてきた、という日。

一時期あと数点まで行きながら敗退続き、合格した知人は何人もいて人から見ればいつまでも何をやっているのやら、しかも対策もせず、なんだろうけれど、甘いのは承知の上、自分位はとりあえず今回受けに行ったことを評価したい。ケリがつくのはいつやら、ですが。

受験場は以前も何度か受けに行った目白大学。小雨でしっとりした緑が点在する大江戸線中井駅からの川沿いの細道がちょっと風流でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ