2006/8/2

kitchen キッチン(’97)  アジア

気になりつつ未見だった別バージョンのイム・ホー監督作品「キッチン」。富田靖子の「南京の基督」(’95)に続く、日本・香港合作作品出演作。

「南京・・」もレオン・カーフェイとの少女娼婦役が結構鮮烈でしたが、この作品の彼女も川原版とは違う柔らかで独特なムード。最初祖母の死の余波で口をきけなかったりする少女らしいナイーブさがあり、こちらのカップルの方が、香港人カップルという設定もあり森田版よりやや生々しい息づかいが。

映像も森田版と同様ブルー系の色調ながら、こちらの方がソフトフォーカスというか。森田版では触れておらずやや残念だった、原作「キッチン」に続き入っていた「満月ーキッチン2」の二人の想いが交錯する内容も含んでいたのが、ラブストーリーらしさを加える見所でしょうか。

富田靖子、最近主演作は見かけないものの「アイコ16歳」「BUSU」等懐かしいものが。(http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=83660キッチン(’89)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ