2006/9/29

楽聖ショパン(’44)  アメリカ

\500クラシック映画DVDで、チャールズ・ヴィダー監督作品。クラシック音楽家の伝記は多分「アマデウス」以来。ショパン、と言えば、反射的にガゼボの「I Like Chopin」をカバーした小林麻美の「雨音はショパンの調べ」(’84)も、懐かしくメロディが頭に。

もともと「別れの曲」というショパンの伝記映画を脚色、映画化した作品のようで、パリへ出て、リストや、男装の女流作家ジョルジュ・サンドとのマジョルカ島での世間と隔離した日々、ロシアの圧力を受ける故国ポーランドのため、彼女の元を去り疾患をおして演奏旅行に出るくだり等、39年の生涯の伝記。

彼のポロネーズの一つに魅了されたリストと共に演奏したり、最近ではフジ子・へミングの伝記ドラマで演奏されているのを聞いた、やはり「さびしんぼう」(’85大林宣彦監督)の映像を思い出す、サンドとのテーマ曲的に折々流れた名曲「別れの曲」、マジョルカ島で作曲するノクターン等、全編に流れる彼のピアノ曲の数々をバックに、天才ながら、音楽に没頭するのみならず、祖国への正義感、思いも強い人間的な側面も描かれた作品。(http://www.kouichirou.com/frt/frt135.html雨音はショパンの調べ(

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/29

あの歌がきこえる「海を見ていた午後」  音楽

録画を見た今回の「あの歌がきこえる」は、「海を見ていた午後」。ユーミン荒井由実時代の2枚目のアルバム「MISSLIM」(’74)<収録曲>の中の曲。

今回の視聴者は、カナダ在住時に友人からこの曲のテープを渡されて気に入り、失恋の思い出が絡んだ曲になった女性。振り返ると自分の場合は少女期、ラジオのFMで流れた「MISSLIM」を何気なく接続した録音機で録り、決して録音状態も良くなかったそのテープを繰り返し流している内に”中毒状態”に陥り、それが(揶揄的に言われることもある)ユーミン教徒、となった頃。イージーリスニング的、ながら耳に残る新鮮で心地よいメロディ+歌唱力云々という以前、感性の震えが伝わるボーカルが広げる絵画的世界。当時LPレコードのこのアルバムを買い、ファンクラブにも入会、まだユーミンブレイク前、会員No.397で、数回投稿が載った素朴な会報は今も手元に。

以降、少なくとも朝A面、夜寝る前にB面をヘッドフォンで聴く生活が、1枚目「ひこうき雲」(’73)<収録曲>、3枚目「コバルト・アワー」(’75)<収録曲>等含め、どれ位続いたか。とにかく貴重な思春期の中の多大な時間を、これらのアルバムに浸って過し(てしまっ)たことは、後悔しても仕方のない事実。

「MISSLIM」の中の曲は、「瞳を閉じて」が五島列島の奈留島の高校の愛唱歌として作られたことや、「やさしさに包まれたなら」「魔女の宅急便」(’89宮崎駿監督)の主題歌になったり、その他折にカバーされたりドラマに使われたり、その影がいまだにメディアに現れる、参加ミュージシャンのさり気ない豪華さからしても、ニューミュージック、という肩書きはさておきユーミンの圧倒的な個性が静かに煌いた永遠の名盤、と色んな意味で距離が出来た今でも思う。

「海を・・」は粒揃いの「MISSLIM」の中でも上位のインパクトの曲で、「瞳を閉じて」同様、海の映像が鮮やかなイメージ。「白い船」感想でも書いていたけれど、関西の片田舎に住む子供にとって、「山手のドルフィン」は手の届かない”聖地”で、とにかくこの曲の雰囲気を求めて海沿いや高台の灯台の喫茶店を汗をかきつつ自転車で訪れてはソーダ水をオーダー、思えばピュアな憧れのなせる健気な行為。

実際の山手、ならぬ根岸のドルフィンに行ったのは、20才過ぎ頃で、お洒落な店、とは思ったけれどさほどの感慨はなかった。やや遠目の海の景観含め、長年のノスタルジックなイメージの結晶よりは思ったより都会的に洗練された普通の店、というか。でもお決まりのソーダ水で、そこそこ満足。で、確か20代後半にもう一度訪問。恋の思い出、というのではないけれど、”ソーダ水の中を貨物船が通る”が殺し文句、だった気もする多少こそばゆい、まさに思春期のロマンの結晶の一断片。(http://www.nhk.or.jp/anouta/あの歌がきこえる「魔法の鏡」

(↓サイトで見かけたこの曲のイメージのイラスト、縮小出来ず)クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/27

埋もれ木(’05)  日本

小栗康平監督作品。正直、話の流れは?理解不能、でストーリーは排除した、ファンタジーの映像美を味わう作品。山近くの小さな町で、少女達がリレーして紡いでいくお伽話のような物語と、地中からの”埋もれ木”の出現によるカーニバルが繋がっていく。

現実と空想の狭間のような地底の森や、カーニバルで空に浮かぶ風船付きのクジラ、紙灯篭の赤い馬、のどかな田園風景の中に折々広がる、誰かの夢の断片のような、異空間のような”遊び””メルヘン”の映像。再度、時を置いて改めて見直してみようかとも思う、何とも形容しがたい不思議な後味。(http://www.umoregi.info/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/26

ラウル・デュフィ展  文化・芸術

東京大丸ミュージアムでの前の石川賢治展で開催を知った、今日までのラウル・デュフィ展、割と好きな画家の一人で、気になっていたのがやっと昨日鑑賞に。

青や緑をベースにした淡いタッチの海、音楽、花、競馬等をモチーフにした作風、という印象の人、ながら、他の芸術家達との関わりでドレス生地、織物、インテリアのデザイン、挿絵等も幅広く手掛けており、今までの展覧会でも見たことがなかった、そういう作品群の展示も充実しているのが見応えあり良かった。

馴染みある水彩、油彩でのヨーロッパ各地の淡い風景画等に加え、印象的だったのは、バラの花を多用した、鮮やかな色彩でのコントラストがくっきりしたデザイン画。

前回より小規模ながら、また東京駅構内でクラシック映画DVD\500販売コーナーがあって立ち寄り、迷った末「楽聖ショパン」(’44チャールズ・ヴィダー監督)を購入。(http://www2.daimaru.co.jp/daimaru/hp/pc/museum_schedule_to4.jsp?HP_NO=15592

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/25

オリバー・ツイスト(’05)  ヨーロッパ

最新のロマン・ポランスキー監督版。やはり制作費80億円、「戦場のピアニスト」同様最新技術での19世紀のロンドンの街並みの再現、郊外の平原の伸びやかな風景、登場人物の衣装等、映像的な見応え十分。

オーディションで選ばれたらしいオリバー役のバーニー・クラークは、デビッド・リーン版の少年よりも現代的な利発さが漂い、終盤、元親分の悪人フェイギンの中の人間味を察してか謝意を表わすシーン等もリーン版にはなかった切り口で、今回のサー・ベン・キングズレー演じるフェイギンの方がリーン版のアレック・ギネスよりも善悪、強弱の振幅の大きい人間、として描かれていたような。

原作は未読、そもそも産業革命のあおりで貧富の差が広がった当時、貧しい者を抑圧するシステムへの糾弾が根底にある作品らしく、主人公の少年が受身過ぎ、という声もあるようだけど、彼がそういう声を持てない弱者の象徴、と思えば自主性を持てず、ある意味運に身を任すしかない描写も妥当に思えたり。(http://www.olivertwist.jp/main.htmlオリヴァ・ツイスト(’48)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/24

ブロークン・フラワーズ(’05)  アメリカ

ギンレイホールは、一昨年春「ジョゼと虎と魚たち」「解夏」以来。1日2本見たのも、ジャームッシュ作品も久し振り。でも「ブロークン・・」「ナイロビの蜂」の順で、双方種類の違う引き込まれ方で、疲れなかった。ビル・マーレイ演じる中年男性に舞い込んだ一通の手紙が元で、彼が昔の恋人達を次々花束を持って訪ねて行く変り種ロードムービー。

とにかく、当惑・懐古、複雑な心境が滲み出ているビル・マーレイの苦笑的なくたびれた表情の味わい、に尽きる、オフビートな魅力の作品。訪ねていくシャロン・ストーンやジェシカ・ラングら各自の背景を持つ女性達の個性で、ジャームッシュらしいオムニバスのような色合いも。

さしてドラマティックな展開はないものの、空港・近所で見かけた青年が、密かに誕生していた自分の息子かも、という微妙な感情のほとばしり等、さりげなく人情の機微を突いた見せ場も。旅のプランを立てた隣人の好み、ということで全編に流れるやや気だるげなエチオピア音楽も、作品のゆるいムードにフィット。(http://www.brokenflowers.jp

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/23

オリヴァ・ツイスト(’48)  ヨーロッパ

原作チャールズ・ディケンズの「オリバー・・」は何度か映像化されており、今年初旬公開でDVDで見るつもりだった最新版の隣に、オリジナル版として、未見のデヴィッド・リーン監督版があったのでこちらから。「ライアンの娘」「旅情」「アラビアのロレンス」「逢びき」等、結構気に入ったクラシック作品、と思ったらこの監督の作品、ということが割とあったので好きな監督の一人に。

モノクロの世界でのシックな19世紀ロンドンの街並み、喧騒。オリヴァ演じるジョン・ハワード・デイヴィスの薄幸・無垢さを表わす美少年ぶり。対照的なアレック・ギネスの骨太な悪役ぶり。物語的には紆余曲折の末ハッピーエンドながら、周りの成り行きに翻弄される少年の運命の振り子に引き込まれる古典。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HW8Xオリバー・ツイスト(’05)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/22

ロバと王女(’70)  ヨーロッパ

「シンデレラ」を生んだジャック・ペローによるやや「シンデレラ」似の「ロバの皮」が原作。名作「シェルブールの雨傘」(’64)のジャック・ドゥミ監督、主演カトリーヌ・ドヌーブ、ミシェル・ルグランの音楽での、「シェルブール・・」のように全編歌、というわけではないものの、ミュージカル調のファンタジー。

日本でも’71に公開された”幻の名作”で、先日デジタルニューマスター版としてDVD発売、レンタル開始に。「シェルブール・・」のように特に耳に残る旋律はなく、お話自体は童話調、でもさすがに20代後半のドヌーブの美しさ、気品、彼女演じる王女や妖精の数々のドレスの優雅・鮮やかさ、中世のファンタジックなお御伽の世界を堪能、の作品。

今日飯田橋のギンレイホールで最終日の「ナイロビの蜂」「ブロークン・フラワーズ」2本立てを見に行く予定で、ギンレイホールは随分久方。その前に「ブロークン・・」のジム・ジャームッシュ監督とビル・マーレイの、少し気になっていた前作も見てみたかったものの、近隣レンタル店で4、5本ずっと在庫なく。(http://www.cetera.co.jp/roba/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/21

Coo 遠い海から来たクー(’93)  日本

見るつもりの数日中に劇場鑑賞予定作品の関連作DVDが貸し出し中、で代わりに発見の久方のアニメ、今沢哲男監督作品。これもテーマ曲がユーミン作品ということもあり頭の片隅にありつつ未見だった作品。原作は景山民夫の直木賞受賞作品の海洋ファンタジー。

核実験による環境破壊、保護問題等の背景、怪しげな諜報機関も登場し悪人VS善人、というやや極端な形ながら人間の身勝手さ、その対照的な存在として古代恐竜の子供のクーやその一族、イルカ達、彼らを守ろうとする少年と父や周囲の人々、という構図。

とにかくカメとアザラシの合いの子のようなつぶらな瞳のクーの愛らしさ、背景の南太平洋の透明感溢れるきれいな海、父子とクーとの触れ合いが見もののファンタジー。エンドロールに流れた80年代の名盤「REINCARNATION」(’83)の中の「ずっとそばに」も懐かしいものが。ラブソングながらこの作品の情景、内容にもフィット。山口智子が父子に接近する女性の声の出演、脚本が岡本喜八監督だったりという話題もあったらしい作品。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FTS4

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/21

あの歌がきこえる「悲しい色やね」  音楽

久々に見たNHK「あの歌がきこえる」は上田正樹の「悲しい色やね」(’83)。懐かしい曲の一つ。昔の職場の同僚の女性が彼のかなりのフリークで、ライブも付き合いで見に行った覚えが。自分の好みからするとやや”濃い目”のシンガーながら、この「悲しい・・」と「TAKAKO」はスケール感+哀愁があって好きで、テープ置き場を探ると、いつ入手したか記憶になく、検索しても出てこない「Slow Touch」というA面がこの2曲を含む日本サイド、B面が「我が心のジョージア」「ラストダンスは僕に」等の英語サイドというバラード・ベストのテープ等を発見。

「悲しい・・」は、本人にとっては売れたことで方向性のジレンマもあったようだけれど、ソウルフルな歌声に大阪弁の歌詞がハマった、聞く側にとって、それぞれに”色・情景が広がる”独特な味で、今回登場の視聴者はこの曲に失恋絡みの思い出のある男性で、脳裏に残る切なさを結構助長する曲、という感も。未見の「悲しい色やねん」(’88森田芳光監督)の主題歌で、本人も出演していた、とは今回検索途中知った次第。(http://www.nhk.or.jp/anouta

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/20

渡辺淳一<クイズ日本の顔>  本・映画

今夜NHKのクイズ番組で作家渡辺淳一を見かけ、この人の作品は文章的には読みやすく、以前いくつか読み映画化作品もいくつか見て、最新の劇場で見たのは黒木瞳と別所広司出演の「失楽園」(’97)、映像はそこそこ綺麗で、川島なおみ主演でのドラマも折々見たけれど、どうも安易な結末な感、でさして感慨が残らず。

この人の作品で最もインパクトが残っているのは「阿寒に果つ」。詳細は記憶薄れているものの北海道を舞台に、複数の関係者の証言で描かれている絵の才能ある早熟なヒロインの少女の奔放、清冽な物語。現中村雅俊夫人の当時五十嵐じゅん、三浦友和らで映画化もされており(「阿寒に果つ」(’75))、ビデオで見た気もしつつ、記憶は曖昧。結構、小説による視覚的な印象が残っている気も。余り今読み返したい、見直したい、とも思えないけれど、今日の放映で、前にも聞いたことかもしれないけれど、自分自身の初恋の思い出を元にしており、あのヒロインも実在のモデルがいた、と聞いて、古い記憶の本ながら改めて少し感慨も。

個人的には強く興味ひかれる作品、ではないけれど最新作「愛の流刑地」も「愛ルケ」として話題で、豊川悦司と寺島しのぶ等出演で映画化、来春公開予定、との話も。(http://www.nhk.or.jp/kao/onair.html

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/19

僕が9歳だったころ(’04)  アジア

韓国のユン・イノ監督作品。原作は韓国で異例の130万部のロングセラー小説「9歳の人生」(’91)、公開は今年初旬、一応「見て損しなかった映画」ランク、公開当時の「ぴあ」の観客満足度調査等で1位だったらしい気になっていた作品。

公式サイトに書いてある”少年少女版冬ソナ”とは思わなかったけれど、低年齢韓国版「ジェレミー」という感も少し。転校生の少女と隣に座る少年の、9歳なりに、互いの家族背景、周囲の子供達への微妙な波紋も絡みながらの、ぎこちなく淡い感情の交錯。「映画監督として突っ走ってきて振り返ると疲れを覚え、記憶・思い出の力で人生を克服しようとした」旨の監督談が。

中心の2人以外は素人の子供の起用で、サイトにキアロスタミ監督作品の子供達を彷彿、というレビューもあったけれど、「友だちのうちはどこ?」のように、子供の視線での描写だからこその教師ら大人の身勝手さ・脆さのような部分も垣間見え、今はさすがに韓国の学校でも体罰はタブーのようで、多分70年代という設定ゆえの感情的体罰シーンには嫌悪感が。

主人公演じたキム・ソクは、ルックス的には太眉で渋め、リーダー資質のある誠実・素朴な少年で、「チャングム・・」にも出ているらしいイ・セヨン演じる、少女らしい優しさもありつつ気まぐれな都会っ子的少女とのバランスの揺らめき、何の打算もない幼い好意の表現等、同様の内容で作ったとしても邦画だと、どことなくあだとくなってしまいそうな、珠玉作。(http://www.boku9.com/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/18

ロード88 [出会い路、四国へ](’04)  日本

白血病に冒された少女が四国八十八箇所巡りの遍路の旅に出るロードムービー。同時期に公開の同じく白血病のヒロイン、四国舞台の「セカチュー」の華やかさの影にあった、初の四国4県オールロケの中村幻児監督作品。

少女が遍路の旅に、という内容は、高橋洋子主演の「旅の重さ」(’72)が九鬼素子原作と共に懐かしく、この「ロード・・」も興味ひかれていたけれど、こちらは現代版、ヒロインもスケボーに乗りバンダナ姿。

彼女の行程に、24時間テレビのマラソンのような企画でママチャリで遍路道を辿る斜陽の芸人(小倉久寛がそこそこいい味)、彼女に亡くした娘の面影を見る男性らが絡み、彼女の姿勢に襟を正されたりしながら後半は絵に描いたような人情劇。彼らを見守る立場のAD役に「ハート・オブ・ザ・シー」のヒロイン須藤理彩。

最初は設定も唐突でバタバタと今一つな感で、終わってみればまあ、ヒロイン村川絵梨の演技、と言うよりスケボー姿の凛々しさ、遍路姿の人々や景色の情緒、絶望に閉じこもらず旅に出たことで活路を開く結末はかなり出来すぎながら、温か味残る後味。(http://www.gaga.ne.jp/road88/http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007TIQ96

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/17

リバイバル・ブルース(’03)  日本

クロード・ガニオン監督作品。26年ぶりにブルースバンドのメンバーが再会、末期癌に冒されたその一人の最期を他のメンバーが看取る、という物語。音楽映画、ということで見たものの、少し独特な後味の渋味の作品。

即興演出を多用したらしく、内藤剛志、奥田瑛ニ、桃井かおりらのやり取りが、かなりラフでリアルな呼吸、テンポで進み、ドキュメンタリー的というわけでもないけれど、映画を、というより彼らの生の人間模様をまさに”覗き見”している感。桃井かおりボーカルのバンドや女性シンガーの演奏シーンもあり、久しく行ってないライブハウスのゴチャゴチャした雰囲気も思い出したり。

桃井かおりという人は、特に好きでも嫌いでもなく「SAYURI」では芯のある役を熱演だったけれど、基本的に倦怠感ある面倒見のいい役、が似合う人、と改めて。相互間の微妙な距離を保った信頼、わだかまり(の和解)、死にゆく者と生き続ける者の対比、懐古、倦怠、そういう様々な空気を含んで流れる時間にそっと介入したようなドラマ。(http://www.elephant-picture.jp/revivalblues/「SAYURI」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/16

エンドレスサマー(’66)  サーフィン映画

ハワイやカリフォルニアでのサーファー達の様子を折りいれながら、やはりサーファー2人組みが、アメリカ、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、タヒチ、ハワイと世界中波を求めて旅をする元祖サーフィン映画、のドキュメンタリー。

60年代だけあって「・・U」よりも、移動の際の車もレトロ、アフリカで遭遇する人々の昔ながらの漁の様子、サーファー人口も少なく、ガーナで現地の人々に珍しがられ面白がられ真似され彼らがサーフィンの起源、となったり、周囲の自然そのものも手付かずの感で、映像自体素朴な味。

印象的なのは「・・U」の2人が真似していた、南アフリカで5キロ続く砂丘をボードで滑ったり担いだりしながら海へ出たセント・フランシス岬。そこでの機械で作られたかのような規則的に長く続く美しく打ち寄せる”パーフェクトウエイブ”は芸術品、という感もあり、ここが、この作品に魅せられた人々の”聖地”の一つかも。

波というのも、サーファーにとって思わぬ場所で理想的なものに出会ったり、期待の地で裏切られたり、で自然の運任せの”終わらない夏”を追う旅。「・・U」同様、野生の動物達との遭遇も含め、海を中心とした自然との触れ合いの旅、という趣も感じる伸びやかさが魅力。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005ELJVエンドレスサマーU(’94)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ