2006/9/15

風の伝説(’04)  アジア

韓国版「Shall We ダンス?」とのことで、春頃の韓流特集で知り気になっていたパク・チョンウ監督の韓国初のダンス作品。「Shall We・・」が頭にあったものの、一応日常生活に根付いた日米版に比べ、かなり漫画的・破天荒なストーリー展開。

社交ダンスに魅了されてしまったもののいつしかジゴロ的な生活を送る男(イ・ソンジェ)に、潜伏調査で近づく女性刑事(パク・ソルミ)。春先に見た「ダンサーの純情」もあったし、韓国でもそこそこダンスブームはあるのかもしれないけど、お話的には、真剣にダンスを極めるなら何もわざわざこんな道を?とも思える設定。「冬ソナ」での憎まれ役のパク・ソルミの初映画出演作でもあり、彼女は一応正統派美人役の今回の方が結構好印象。

やはり見ものはイ・ソンジェのダンス修行の旅や、キャバレー、屋外でのユーモラス、優雅、ほんのりするダンスシーンの数々。最後に二人が「ディア・ハンター」の女性ボーカルでのワルツのテーマ曲「カヴァティーナ」にのせて踊ったダンスが最も印象的で、この曲にも懐かしさが。(http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/pakchonu_densetsu.htmlhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000GG4EIW

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/15

ロングボードの宇宙  

「エンドレスサマーU」の字幕担当とのことで思い出した片岡義男、日系二世という背景も似合うようなあっさりした文体と描かれている別次元の世界、一時期赤背表紙の文庫を読み続け、エッセイは頭を冷やしたい時には効用があった気が。見た映画化作品も「スローなブギにしてくれ」「メイン・テーマ」「彼のオートバイ、彼女の島」「湾岸道路」等いくつか。

近年は英語を母語とする立場から見た日本文化論を多く書いているらしく、映画についての著書もあり、折あらば、と思いつつ遠ざかっているけれど、マイベスト作はエッセイ「コーヒーもう一杯」(’80)で、久々に取り出しめくってみると「ロングボードの宇宙」という文章中の、

 青い空は、底なしの宇宙空間だ。頭上いっぱいに、空はすっぽりと抜けきって、無限に深い。その宇宙空間に、太平洋が、むき出しで接している。接点の片隅に、ロングボードにまたがったぼくがいる。いま自分は宇宙の空間のなかにある、という感覚が、ぼくに心地よい緊張と解放のリズムを与えてくれる。
 ぼくは水平線を見る。水平線は、湾曲している。この球体のうえでは、いまぼくが見ている水平線のむこうにも、海がつづいている。ぼくがつかまえようとしてまっている波は、地球の丸さのむこうから、はるばる、えんえんと、うねってくる。

とかのくだりなど、波を待つサーファーの頭の中は想像しにくいけれど、その状況をあえて言葉にするとこういう感かも、と。今改めて読んでも上手い文なのか否か?ながらこの人の風景を描く時のこういう広くて立体的視点も好きだった、と。(エンドレスサマーU(’94)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/13

さよなら、さよならハリウッド(’02)  アメリカ

一応今日「マッチポイント」を見に行く予定なので、予習というか未見でやや気になっていたウディ・アレンの昨年公開作を。久方の彼の作品、「ギター弾きの恋」等好みなものもあれば、とっつきにくかったものもあり、これは往年のスパイス・キレに欠けるという評もあるようながら、終始テンポ良く結構飽きることなく楽しめたコメディ。

彼が演じる落ち目の映画監督と、彼に話題作の機会をオファーするプロデューサーの元妻(ティア・レオーニ)の軽快、皮肉、ほんのり温か味漂う会話の応酬。ストレスから一時盲目になる辺りのアレンの独特のコミカルさは、さすがの年輪、を感じさす独壇場。

軽妙な中に映画の評価・評判というものへの風刺も伺えたりで、この作品の後「僕のニューヨークライフ」「メリンダとメリンダ」もあったながら、今年公開の「マッチポイント」が彼が初めてNYを離れ、ロンドンを舞台とした作品になった、というのもこのタイトルやラストの流れを思えばやや意味有りげな気も。(http://www.nikkatsu.com/movie/sayonara/「マッチポイント」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/12

エンドレスサマーU(’94)  サーフィン映画

「ステップ・イントゥ・・」の原点らしいブルース・ブラウン監督の「エンドレスサマー」(’64)もついで見たいと思ったものの貸し出し中で「・・U」の方から。「エンドレス・・」を100回は見た、という二人の若者サーファーが、世界各地のサーフポイントで波に乗るドキュメンタリー。

冒頭ロング、ショートボード、もしかして出来そうな初心者向き?の感もする腹ばいで乗るブギーボード、ウインドサーフィン、カヤック、二人、三人乗り、というボードや乗り方の種類、5才の子供、老人や犬まで、人口の波を起こす施設の様子とか、様々な形で波を楽しむ様子。

アラスカ、コスタリカ、フランス、南アフリカ、フィジー、インドネシア、オーストラリア等転々と旅しつつ、現地の昔「エンドレス・・」にも出演したつわものサーファー達との友好、野生の動物との遭遇、どうやって撮影?という数々のチューブ内部の映像、特にフィジーの海の澄んだブルーの何とも言えない透明感等、軽快な音楽をバックに各地の海、波のダイナミックな様相と共に、彼らのラフな旅の様子が楽しめるリフレッシュ作品。

資金源の一部はプロの大会の賞金、知人サーファー達の世話もあってのエコノミー旅行らしそうではあるけれど、求める波を次々追ってのある意味優雅な至福の世界旅行。字幕は、やはりこういう世界の嗜好ある作家片岡義男が担当だったようで。

昨日9.11テロから5年目という折、数日前からのこの手の作品とは別世界のTV特番の一部(の録画)、また関連DVD等シビアな現実的映像・作品に思う所もありつつ、そういう現実をえぐる社会派作品と共に、「NOEL」のパルミンテリ監督が述べていたように、9.11以降、鑑賞後人を内面から心地良くさせる類の作品が必要で、こういうサーフィンもの等もそういう機能がありそうな。(http://store.yahoo.co.jp/s-premium/gnbw-7138.htmlエンドレスサマー(’66)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/11

ステップ・イントゥ・リキッド(’03)  サーフィン映画

深夜TV放映録画での、サーフィン映画で有名なブルース・ブラウン監督の息子ディナ・ブラウン監督作品。世界各地で波に乗るサーファー達のインタビューやサーフィン風景のドキュメンタリー。

最近では、ケイト・ボスワース主演「ブルークラッシュ」や、定年後サーフィンに挑戦の「ライフ・オン・ザ・ロングボード」等見たけれど、これはまさに掛け値なしのサーフィン熱狂者達の生の姿。「サーフィンは自然と一体になる極限の方法だ」という旨の言葉が印象的。

沖を眺めて立つモアイ像を波を待つサーファー達にも例えていたイースター島、障害を持ちながらもボードに乗り漕ぎ出すサーファー、アイルランドの海岸での、宗教紛争の背景を持つ子供達が波と遊ぶ姿、圧巻はカリフォルニア沖、18メートル級のパニック映画の津波のような大波を恐れず滑走する姿。

様々なブルーのうねりの波の数々だけでも見応えのダイナミックな海の映像、時に”クレイジー”と呼ばれるまでの大胆さで波に挑んだり、楽しむサーファー。やはり2度だけのウインドサーフィン経験を思い出し、残る人生の中の多大な時間を波の上で過したい、とは思わないものの、少しでも出来れば気分良さそうな、とは感じさせられる波の滑走。(http://www.laidback.co.jp/LaidBack/LBLIB/StepInto.htmlhttp://cinema-magazine.com/new_tokubetsu/stepinto.htmエンドレスサマー(’66)エンドレスサマーU(’94)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/10

旅愁(’50)  ヨーロッパ

かなり前ビデオで見たものの、DVD入手で再度。やはり劇中、ジョセフ・コットンとジョーン・フォンティンの思い出の曲「セプテンバー・ソング」の味もあって印象に残っていた作品。

ストーリー自体は、乗り損ねた飛行機事故がきっかけで、束の間の愛の隠遁生活を送る二人、というおとぎ話的ながら、現代の女優の中には見出しにくい類のジョーン・フォンティンの、心の痛みを知るような憂いある美しさ、ナポリ、ポンペイ、カプリ島、フィレンツェ等の二人が巡る名所の当時の風景等、モノクロなのが惜しい反面、モノクロだからこそのシックな味わいもある感で、改めて、この頃のこういう作品のたおやかな魅力も。

ピアニストの彼女が終盤、想いを胸にラフマニノフの曲をコンサートで弾くシーンもハイライトながら、やはりナポリでレコードで聞いたり、彼女がレストランのピアノで弾く「セプテンバー・ソング」(作品のとは多少違うけれど訳詞が書かれてたサイトが)は改めて、作品の叙情的雰囲気に似合う柔らかで懐かしさのある珠玉の名曲。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EUYE

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/9

私が女になった日(’00)  イラン

久方にネットレンタルTSUTAYA DISCASでイラン作品新作が出ており、マフマルバフ監督夫人のマルズィエ・メシュキニ初監督作品。3話のオムニバスで、舞台はペルシャ湾に浮かぶキシュ島。半年程前に見た「一票のラブレター」という作品の舞台でもあったリゾート地の美しい島。

1話目の、9才の誕生日に慣習的にチャドルを与えられ男友達と遊べなくなる少女。正午までの残りの時間を惜しみ、海辺で遊び、少年とアメを交互に舐めあったりする性別に無意識な姿が他愛なく切ないものが。

最も印象的な2話目、見晴らしのいい海岸沿いの道を、他のチャドルをまとった女性達に混じってひたすらしがらみを振り払うかのように自転車をこぎ続けるヒロイン。馬で追いかける夫、親族ら。そういうシーンが延々続く変わり種ロードムービー、というか。風を受けて膨らむチャドル姿で明るい海を背景に疾走する姿は、結構視覚的インパクトが残った映像。

3話目、飛行機で島に降り立ち子供らを従え家財道具を買いまくり、浜辺に並べる老女。その眺めは圧巻のファンタジックさ。指に巻いた数々の紐で買うべき品物を確認、でも最後の1つが思い出せず。

イラン女性の自由を求める姿が比喩的に表現されている作品で、ラストの老女の旅立ちを見守る大人びた表情のチャドル姿の1話目の少女の眼差しに、船出への憧れが込められているかも。3話目等はモノや情報が溢れ、真に必要な物を見失う風潮への批判・皮肉でもあるようで、とにかく現実+ファンタジーが織り交じった、久し振りの、枠にはまらないイラン作品の不思議・自由感覚。(http://www.gaga.ne.jp/became_womenlhttp://www.ryokojin.co.jp/tabicine/backnumber/TheDayIBecameAWoman.html一票のラブレター(’01)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/8

夜も昼も(’46)  アメリカ

先日東京駅構内でクラシック映画DVD\500販売コーナーを見かけ、「旅愁」と共に買った未見のこちらを鑑賞。昨年公開で見たケビン・クラインとアシュレイ・ジャッドの「五線譜のラブレター/DE-LOVELY」同様、20世紀前半の音楽家コール・ポーターの伝記。「カサブランカ」等のマイケル・カーティス監督作品。

この頃の伝記作品は、事実を織り交ぜながらもフィクションの要素が強かったようで、コールと妻リンダとの関係も、「五線譜・・」での彼の同性愛癖、それを知りつつ母性的愛情で才能を支え続けたリンダの死等にも触れられず、割と普遍的、というか、献身的ながら、売れっ子になっていく彼とその奔放な生活についていきかねる繊細な部分のある妻とのすれ違い、和解、というケイリー・グラントとアレクシス・スミスの愛情物語の構成。

「五線譜・・」の方が夫婦の実像には近いようで、ラブストーリーとしての味わいは深かったながら、「Begin the Begin」等全編ミュージカルナンバーでの華やかさは「五線譜・・」同様で、タイトル曲「Night and Day」が全編通して彼の妻への思いも重ねて折々流れ、これは阿川泰子版での馴染みの割と好きな曲で、この曲を軸にした作品、と思えば入手価値はあったかも。(http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/9739/data8/3/nnday.html「五線譜のラブレター/DE-LOVELY」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/7

時をかける少女(’97)  日本

今続編的アニメ版が上映中で、何度か映像化されてきた筒井康隆原作のこの作品、やはり原田知世主演の「時をかける少女」(’83大林宣彦監督)が神聖で敬意を表して、ではないけれど他バージョンはどうも見る気がしなかったものの、先日「14番目の月」使用の「さよなら・・」を見て、やはりユーミン作品関連のこのリメイクも丁度ビデオも発見したので見てみる気に。色々あった後の角川春樹監督作品だったとは借りて気付いた次第。

派手目の予想に反して全編モノクロ、舞台は尾道でなく長野や岐阜のようで、興行的にはどうだったのか?何だか余り真剣に大々的ヒットを狙ったとも思えない、「大林版を強く意識したゆえ別のことをしようとしたが、影響から抜けられなかった」旨の評を見かけたけれど、私にはどこか作り手のオリジナルへのオマージュ的な意識が漂っているように感じられた”かげろう”のような作品。

音楽も正隆氏担当、使われていた曲は「スユアの波」(’97)からの「夢の中で〜We are not alone forever」と「時のカンツォーネ」。後者はオリジナルで原田知世が歌ったタイトル同名のユーミン提供曲と同じ歌詞で、「VOYAGER」(’83)でセルフカバー。「スユア・・」は余り気合を入れて聞いていなかった頃ながら、劇中オルゴールから流れた「時の・・」の旋律等聞くと、結構往年の繊細で感情の震えが響く感のメロディ、と改めて。

ヒロイン中本奈奈は他作品には余り出ていないようで、どこか声のトーンが原田知世的にも思えるやや硬いムードの正統派美人。相手役の一見ジャニーズ系中村俊介は主にTVで活動のようで。倍賞美津子、榎木孝明といった脇役陣の中でも、オリジナルには登場しなかったヒロインの祖母役の久我美子がおっとり優しい物腰で味があったり。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FZDLGK

またオリジナルより前、’72〜のNHKでのドラマ化「タイムトラベラー」も、続編の方のタイムスリップ空間の宇宙の映像や神秘的なテーマ曲(が聞けるサイト発見↑で懐かしく複製・転載は遠慮を、という記述ながらリンクなら、と)等子供心に印象深く(今見たらどうか?ながら)、これは少年ドラマシリーズとして一部復元されDVDが出ているようで、折あればチェックしたい気も。(http://www.amazon.co.jp/NHK%5c11%5e74%30c9%30e9%30de%30fb%30a2%30f3%30bd%30ed%30b8%30fc1/dp/B00005HVBJ/ref=pd_sim_d_1/503-8392503-3191137?ie=UTF8時をかける少女(’06)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2006/9/6

天地水 月光浴  文化・芸術

好きな写真家石川賢治の東京・大丸ミュージアムでの展覧会が昨日までで、ようやく一昨日見に行くことが。月光のみでの撮影の作品群のため会場の照明は暗めで、映画館のような雰囲気も。

バックには波、風が揺らす葉、虫の音等自然音が流れ、オーストラリア各地での海岸、荒野、奇岩地域、マダガスカルの独特の景観のパオバブの木等の新作、中国の水墨画のような風景等の120点。

静かに広がるブルーの世界は、ポツンと荒野にある巨岩などはマグリットの絵とも重なるような無機的な趣も、ながら、全体に、やはりこの世に”聖地”と呼ぶに相応しいものがあるとしたら、その風景をファインダーごしに切り取ったような、癒しと息吹がある地の果ての美しさ。(http://www2.daimaru.co.jp/daimaru/hp/pc/museum_schedule_to2.jsp?HP_NO=15616

また、行く途中八重洲側地下街で、10日(日)まで開催らしい「チャングムの誓いオフィシャル商品フェア」コーナーを見かけ、NHKで放映中の「チャングムの誓い」自体はいつか折あればDVDでまとめて、のつもりで余り見てませんがイ・ヨンエはそこそこ好きな女優なので覗いたら、パネル展示、様々なチャングムグッズ、韓国の食材等があり、一応卓上味付け海苔購入。日本産とは違った香ばしい風味で結構美味。(http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/cgi-bin/public-cgi/plaza_info.cgi?plazacode=A0001

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/5

フジ子・へミングの軌跡(’03)  日本

異色ピアニスト、フジ子・へミングの伝記ドラマ。この人は何年か前TVの特集で見て、流麗ではないけれどしっとり響く深みある音色、耳を患っての波乱のピアニスト人生、独特のファッションでシンプルな家で猫達との暮らし等、少し浮世離れしたイメージが。

「Dolls」以来、ドラマでは昨年「ラストプレゼント」リメイクで見かけた菅野美穂がヒロイン、奔放かつ繊細な持ち味に合っていた気も。幼い頃から彼女にスパルタ的にピアノに向かわすシングルマザーの母役に十朱幸代、見守る叔母に野際陽子。

自分の才能を羽ばたかせるべく、海外へ単身飛ぶ行動力、後ろ盾もなく紆余曲折、バーンスタインらに才能を認めさせながらも病魔の不運に見舞われ、それでもドイツの田舎の施設で心を閉ざした老人にふと涙させる音色を奏でる、持って生まれたピアノの魂。

「ラ・カンパネラ」や、「さびしんぼう」を思い出す「別れの曲」等リストやショパンの曲、ジャズの「オール・オブ・ミー」等のピアノ演奏(は本人なのか?不明)をバックに、経済・身体的に恵まれた道ではなく手探りで運命を辿ってきたこの人の、不器用な愛情表現の母との確執・絆も絡んでの、大袈裟ではないけれど不屈の情熱のドラマ。ドラマでの使用曲が収録されているらしい「フジ子・へミング こころの軌跡」というアルバムも聞いてみたくなったり。(http://homepage2.nifty.com/atsukosu/fujiTV2.html

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/3

4MOVEMENT(’01)  日本

先日見た「カルテット」に続く音楽家久石譲監督作品。’01年の福島の「うつしま未来博」で限定上映されたらしい短編の映像・音楽ファンタジー。

実写+CGで、ある少女の5歳ごとの成長の過程を4節に分けた構成。心の闇の部分を黒鳥(の化身)で表現、屋久島の自然を背景とした幻想的ムード。少々抽象的過ぎと、折りはさまれる派手なCG効果が浮いているような。

「・・未来博」での(おそらく大スクリーンでの)上映とのことで、ある程度インパクトある映像を意識の上かも、ながら、湖や森の映像は美しく、「カルテット」のイメージで思えば、少女の内面の不安を描くにしても、実写のみのしっとりした作品の方が望ましかった感が。ビデオを発見で見たけれどDVDでのメイキングや、特に監督インタビュー(でこの作品への意識、スタンス)等も見たかった気が。(http://www.ponycanyon.co.jp/wtne/video/0303194mov.htmlカルテット(’01)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/2

いつかA列車に乗って(’03)  日本

「四季の歌」やテレサ・テンの「つぐない」等で知られる作詞家荒木とよひさの初監督作品。「たそがれ酒場」(’55内田吐夢監督)という作品のリメイクらしく、あるジャズ・バーでの一晩の人間模様をジャズ演奏をバックに描いた渋めの作品。

常連客、筆を折った画家役の津川雅彦が、まさにこの店を知る”影の重鎮”らしい熟練味。「下弦の月」以来見かけた栗山千明が英語の話せるやや訳ありの店員役、小林桂樹らも脇を固める存在感が。

作曲家三木たかしがピアニスト役の他、熟練ジャズ奏者達が出演、「A列車で行こう」「サマータイム」といったスタンダードの演奏、実際音大出身の加藤大治郎演じる店員が、自分のオリジナルという設定でサックス演奏する憂いあるテーマ曲、宝塚出身の真矢みきのソフトなボーカル等聴き応えも。

「A列車・・」はそもそも阿川泰子版等での馴染みで、最近映画で聞いたのは「スウィングガールズ」達の素朴な音色の演奏。この作品の根底の”同じ列車に乗り合わせた(店に居合わせた)人々”の含みもあってのタイトルのようで。

一夜の内に店内で行き交う客達や演奏者達の別れや愛憎、郷愁、再会、秘めた過去の想い等が流れていく群像劇で、とりたててドラマ性のない物語ながら、店のシックな落ち着いた雰囲気、交錯の中の触れ合いのさり気ない温か味、音楽の魅力もあり2度見た作品。(http://www.arakitoyohisa.com/atrain_web/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/1

フィルム空の鏡(’97)  音楽

岩井俊二監督+松たか子の「四月物語」(’97)が好感度高く、このコンビのビデオ・クリップを発見したので。知っていた曲はサビに覚えがあった「I STAND ALONE」。「四月・・」と同系統の映像の柔らかさ。

松たか子は、まだそれほど露出していなかった頃木村拓哉+山口智子の「ロングバケーション」での芯のある楚々とした音大生役が、その後のやや気の強いイメージの役より印象的。この「空の鏡」は「四月物語」同様そんな頃の彼女の雰囲気が漂う作品。

シンガーとしてはデビュー曲「明日、春が来たら」がシンプルな曲ながら結構クセのないボーカルが似合っている、程度だったのが、前に音楽MBで交流あった人に教えてもらった「桜の雨、いつか」という彼女作詞+武部聡志作曲の曲には思わず不意打ちのノックアウト。武部さんの繊細なメロディの良さも大きいし、真の痛みを知らないからこそ描けるのであろう世界、ながらこの人の表現者としてのある種の才能、を感じさせられた曲。ユースケサンタマリアと彼女のドラマ「お見合い結婚」の主題歌だったのは後から知った事。

ファン、というわけではではないものの彼女が出てたので「隠し剣 鬼の爪」も見に行き、最近では「THE 有頂天ホテル」でも見かけ何だか演技幅に風格も、ながら、あの頃が透明感あって好ましかった。(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000CD7R8/249-1648289-2287547?v=glance&n=561958

クリックすると元のサイズで表示します
  
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ