2006/9/6

天地水 月光浴  文化・芸術

好きな写真家石川賢治の東京・大丸ミュージアムでの展覧会が昨日までで、ようやく一昨日見に行くことが。月光のみでの撮影の作品群のため会場の照明は暗めで、映画館のような雰囲気も。

バックには波、風が揺らす葉、虫の音等自然音が流れ、オーストラリア各地での海岸、荒野、奇岩地域、マダガスカルの独特の景観のパオバブの木等の新作、中国の水墨画のような風景等の120点。

静かに広がるブルーの世界は、ポツンと荒野にある巨岩などはマグリットの絵とも重なるような無機的な趣も、ながら、全体に、やはりこの世に”聖地”と呼ぶに相応しいものがあるとしたら、その風景をファインダーごしに切り取ったような、癒しと息吹がある地の果ての美しさ。(http://www2.daimaru.co.jp/daimaru/hp/pc/museum_schedule_to2.jsp?HP_NO=15616

また、行く途中八重洲側地下街で、10日(日)まで開催らしい「チャングムの誓いオフィシャル商品フェア」コーナーを見かけ、NHKで放映中の「チャングムの誓い」自体はいつか折あればDVDでまとめて、のつもりで余り見てませんがイ・ヨンエはそこそこ好きな女優なので覗いたら、パネル展示、様々なチャングムグッズ、韓国の食材等があり、一応卓上味付け海苔購入。日本産とは違った香ばしい風味で結構美味。(http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/cgi-bin/public-cgi/plaza_info.cgi?plazacode=A0001

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ