2006/10/6

空中庭園(’05)  日本

色々あって公開も危ぶまれた豊田利晃監督作品。原作は角田光代の小説。余り見たい題材、ではなく多少敬遠気味だったものの、やはり「風花」(’01相米慎二監督)以来の色々受賞もしたらしい小泉今日子主演作、という興味で引っかかっていた作品。

隠し事のない明け透けに何でも話し合う家族、という仮面の裏のそれぞれの過去の傷、わだかまり、逃げ道、欲望等、笑顔の裏側のそれらのドロドロした渦が、ふとした時に言葉になって噴出するシーンは、あたかも妙にリアルなホラーのようでもあり。

ヒロインがそういうものを被って築く”家庭”自体が、あたかも人工的で清潔なマンションのベランダに浮かぶ彼女の夢の花園、のようで、それが息子に言われる”思い込み”の結晶、であってもその場所で、日々暮らしていく、という映像としてのシュールさ・ソフトさの中の刹那的な優しさと切なさ。幼い頃の母との思い出の尾を引く確執、緩やかな許し等、折しも昨日私の母の誕生日でもあったりして思う所もあり、様々な人の言葉になりにくい心情にも重なりそうな微妙な後味の、問題作。

もはやキョンキョンと呼ぶのも、という彼女、ファン、というわけではないものの、シンガーとしての主演映画「ボクの彼女に手を出すな」(’86中原俊監督)のテーマ曲「木枯らしに抱かれて」、「夜明けのMEW」「Fade Out」「LaLaLa・・」等結構個性的いい曲だと思って好きだったし、モノクロでコメント入りの「人生らしいね」(’88)というシンプルな写真集も買い、その女性カメラマンの20才頃の彼女に対する、単なるアイドルでなく「ジェントルな野生の匂いが」との言葉が印象的。

CMの女王として万人受けしてきた笑顔、が本作でも作品の"表向きの顔”となるものの、「風花」でも見せた、陰影ある心情、表情の深みも合わせ持つ中堅女優に、とも改めて思った作品。(http://kuutyuu.com/http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000ENUYRC

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/5

プロデューサーズ(’05)  アメリカ

もともと’68年メル・ブルックス監督のコメディが、’01年にミュージカル化されトニー賞12部門制覇、そのリメイク版のスーザン・ストローマン監督作品。公開当時、劇場鑑賞のつもりもありながら見損なっていた一つ。

まあ、舞台をそのままスクリーンにというノリ、という通り、舞台版の配役のままのネイサン・レインとマシュー・ブロデリックの息の合った凸凹コンビ、ややハスキーボイスで(歌唱力はやや?ながら)歌、ダイナミックなダンスを披露のセクシーさ振りまくユマ・サーマン、ウィル・フェレルの切れた脚本家、ゲイの演出家達等癖の強い登場人物達のオーバーアクションの押しの連続。

ゲイ風味のヒトラー等ネオナチ風刺の舞台も、あそこまで徹底すれば笑いが、というか、ゲイ、ご老女達へのブラックユーモア等、音楽とダンスの軽快なテンポある掛け合いで、予想より破天荒?な面白み、で一番最近に見た昨年のミュージカル映画、しっとり情感残った「オペラ座の怪人」とは対極の後味。(http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/site/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/3

アメノナカノ青空(’03)  アジア

韓国のイ・オ二監督作品。病魔に冒された少女が、知り合ったアパートの下に住むカメラマン、友人関係のような母と共に日々を過していく物語。この手の病気絡みの作品は、多少辟易、と思いつつ、何故か見ている内にそこそこ引き入れられてしまうのは、この種の韓国作品の素朴・実直な味ゆえで、やはり邦画だと、どこか白々しくなりそうな作風。

ヒロインのイム・スジョンは日本人女優では昔の池脇千鶴風、のキョトンとした天然のキュートさと意地っ張りさが魅力。身体にハンディを負っての微妙に揺れる想いの表現が、ラフで強引なキム・レウォン(どうも印象が一部サッカーの北澤選手と重なったり)とのバランス、彼女が名前で呼ぶしっかり者の母役イ・ミスクとのストレートな間柄の雰囲気も好感が。

小道具の、内側に青空と雲が描かれた傘、自分達の小さい写真を手足のユニークなネイルアートにしたり、ハワイ旅行予定だったイメージでの青い海へ潜る水中の綺麗な映像等、哀しい筋ながら、ファンタジックな味付けが散りばめられた珠玉作。

それにしてもここ数週間、近隣レンタル店で、在庫的には4、5本ずつある「空中庭園」その他見るつもりの洋画等がずっと1本も見あたらず出払っており、今日借りたのは、日付的には明日リリース予定で新着欄に見つけた「プロデューサーズ」。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000EDRGXC

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/2

ブラック・セプテンバー(’99)  アメリカ

昨日深夜放映されて、録画を見たケヴィン・マクドナルド監督の’72ミュンヘン五輪でのテロの、当時の映像、関係者の証言を交えた作品。アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞受賞作だったそうで。名前では気付かなかったけれど「運命を分けたザイル」('03)と同じ監督で、そう言えば「運命・・」も、遭難から生還した当事者の証言と再現ドラマでの半ドキュメンタリー形式だった、と。

私の実際の記憶にはない、今年初旬に見た「ミュンヘン」(スピルバーグ監督)の題材となった事件。「ミュンヘン」では冒頭に描かれた事件の詳細で、あくまで競技を続けようとしたIOCが国際世論の批判を受けたり、テロ犯の人数の読み違えや連絡不備による空港での失態、事件数週間後不審なハイジャック事件により、逮捕した3人の犯人の釈放等、ドイツ側の不備や不穏さも。

人質となったイスラエル人被害者の一人の母、結婚して1年余りだった妻、当時幼く当人の記憶のない娘さん達の静かな辛い記憶、追憶を辿る証言、そういう痛みと全く別次元の、唯一の生存する実行犯の淡々とした「あの事件で、それまでその苦悩が知られていなかったパレスチナの名を世界に知らせたことで、誇りに思う」旨のコメントが、「ミュンヘン」スレッドを見直してみると自分が書いていた”憎悪のスパイラル”の表裏を示しているような、虚しさ。(http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/94360「ラストキング・オブ・スコットランド」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/1

トラベル・サンド(’05)  分類なし

CD等を見ようと立ち寄ったBOOK OFFで蒼井優の写真集が\450であるのを見かけて、買い、芸能人の写真集は久方。振り返ると中森明菜「Cross My Palm」('87)を買って以来かも。 西海岸各地で共に旅する女性カメラマンによるプライベートショット風のスッピンらしい作品集。水着姿は砂に寝そべったり座ったりしている2枚のみ、ほとんどラフなワンピース、Tシャツ、キャミソール、トレーナー、ジーンズ、半ズボン姿等での爽やかな笑顔、ナチュラル、折に憂いある表情の伸びやかな佇まいの彼女を堪能の和み系の1冊。

折々にはさまれている丸っこい字での自筆の日記、発行所宛ての絵葉書なども、全部読んでないけれど、ほのぼの味わいが。撮影地はロス、モハビ、ラスベガス、タフト、サンタバーバラ、サンディエゴ、メキシコとのことで、サンタバーバラ(↓の海岸の写真)、というのは昔アメリカ長期路線バス旅行した際、終点のロスからバスで北へ数時間、ガイドで興味ひかれ半日だったか出かけた美しい海岸、白い壁とオレンジの屋根で統一された家並み、花と緑が多い街並みが独特な景観で、ちょっと懐かしい響き。写真集では、確実ではないけれど多分ここかも、という白い壁の家と紅色の花の木の前に彼女が座るショットが。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860520548

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/1

キャッチ ア ウェーブ(’06)  サーフィン映画

TV版「ウォーターボーイズ」の高橋伸之初監督作品。湘南舞台、ながら下田、千葉、伊豆七島の一つ新島、ハワイ等の各地のサーフスポットでも撮影された、一応日本初の本格的サーフィン映画、とのことで。

主役のジャニーズ的美少年三浦春馬初め高校生3人組が、思いがけずサーフショップの個性的店長デューク(竹中直人)からサーフィンの手ほどきを受けることになったひと夏。DVDで監督、三浦君、加藤ローサ、竹中氏の本編見ながらの撮影秘話でも、映画史上なかったのでは、と話題だった、竹中直人の浜辺でオールヌードでの登場仕方は、なかなかの際物、というか。

特に新島の海の美しさは、映像では日本と思えない程抜群。サーフィンはともかく一度行ってみたいような。ラストの15mの大波が立つ海や、海岸に続く道の広々とした景観のハワイノースショアに負けないインパクト。横須賀の基地の上映会で三浦君と加藤ローサが見る映画が「エンドレスサマー」だったり。

やはり竹中直人の炸裂個性+3人の健気なサーフィンへの挑戦+淡い恋、という、デュークにやや切ない過去があるものの、さしてドラマティックな深みはない明るいポップな作品。配役的には、”海の女”高樹沙耶や、三浦君と恋敵的ハーフの悪役が、三船敏郎の孫の三船力也だったり、というのも後で知ったり。3人組(三浦、木村了、濱田岳)はサーフィンに夢中になり、撮影終了後も続けている、とか。(http://wwws.warnerbros.co.jp/catchawave/エンドレスサマー(’66)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ