2006/12/24

天使(’06)  日本

宮坂まゆみ監督作品。音楽ビデオ畑の方で、長編デビュー作とか。深田恭子が演じる白いドレス+羽付きの”天使”が、”見える人には見える”人々の元を訪れる、原作桜沢エリカのコミックのファンタジー。

「下妻物語」以来、科白なくフワフワと漂うフカキョンの天使と、様々な人々の群像劇、で、父親(役初めての永瀬正敏)と暮らす幼い少女と並んで歌っていたのは山下達郎の「パレード」。この辺りの曲ののどかさ加減が懐かしい。

子役の”ちいちゃん”森迫永依が天然キュート、恋人の連れ子をぎこちなくも可愛がる永作博美や、セピア調のノスタルジックな猫屋敷に住むベテラン鰐淵晴子等もいい味。評価が分かれているようだけれど、こういう日常+やや非日常の中の温かさ、というのもいいような。

友人や母との関係で悩む少女を救ったり励ましたり、神出鬼没、ジンライム好きの個性派天使、雪のシーンも柔らかで、たまたま1週間前にレンタルしていたけれど、クリスマスに似合う作品、かも。今日は一応メリー・クリスマス、イブは今晩同様、近年ずっと仕事。(http://www.tenshi.bz/下妻物語

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ