2007/2/16

あの歌がきこえる「赤い風船」  音楽

一昨夜録画の今回の「あの歌がきこえる」は浅田美代子の「赤い風船」(’73)。視聴者は、教室でこの曲をギターと共に歌っていた小学校時代の教師の思い出がある女性。

これは、白いブラウスに緑の(多分)オーバーオール姿の、当時のアイドル風ジャケットのシングル盤を買った曲。記憶は薄れているけれど、劇中この曲を歌った「時間ですよ」に抜擢され、コミカルなホームドラマ「寺内貫太郎一家」にも。歌唱力的には酷評され、ユーミンが一時ニューミュージック界の浅田美代子、等と言われていた。

懐かしい牧歌的な曲だけれど、思い出すのはむしろ「時間ですよ」で共演の、堺正章の曲。スパイダース解散後ソロの「さらば恋人」「涙から明日へ」「街の灯り」等、番組で歌われたかどうか覚えはないけれど、ここら辺の曲は、子供心にあの時代のあくせくしていない雰囲気が良かった。

浅田美代子は吉田拓郎と離婚、復帰後、どこまで天然だか意識してだか、のキャラクターで、印象的なのは明石屋さんま、中村玉緒とのトリオでの珍道中旅番組等。映画出演は余りピンとこなかったけれど、最近「佐賀のがばい・・」での工藤夕貴の姉役を見かけ、サイトを見ると自分が見た中では「銀のエンゼル」等幾つか出ていたようで。

先日「不都合な真実」を見に行き、帰り際、早めの春一番だったらしく近年経験しないかなりの強風。千葉方面から帰宅途中の生徒から電車が止まってしまった旨連絡もあった。(http://www.nhk.or.jp/anouta/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/16

英検対策  分類なし

’04年1回2、3番読解全部合ったものの3番はやはり途中で集中力が途切れ、時間をかけた。このネックの内容把握は、今までほぼ設問を先に読み、問題文をそれらしき箇所まで読み進みながら、順次答えるパターンだったけれど、一気に読んで大雑把にでも内容把握してから問題に進む方が、まだ効率がよさそうな。

2番最初の文は、「不都合・・」ではないけれど環境トピック「水の真実」で、地球を直径1mの球だとしたら、利用可能な淡水はほんのスプーン1杯分、等の記述。その他ダウ平均、農耕の始まり、冷戦時のスパイのククリンスキー大佐という人のトピック等。とっつきにくい内容は余計集中力が薄れがちで、改めて努めて興味を切らさず読み進みたい所。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ