2007/2/22

恋に唄えば(’02)  日本

月曜深夜放映の録画を見た金子修介監督作品。失恋したヒロインと彼女の前に壷から出現した謎の男の、失恋相手を追ってのオーストラリアへの珍道中ファンタジーコメディ。

劇中「インド映画の俳優さん?」と言われるような、竹中直人のエスニックな風貌、「雨に唄えば」も一応意識なんだろうけれど、まさにインド映画のごとく、折にいきなり始まるミュージカルシーン。どこかに書いてあったように”かつて邦画になかった本格的ミュージカルシーンの数々”という程の規模でもなかったと思うけれど、アクセントには。

帰国後働く広い花屋の背景も似合う、優香の淡いキュートさと、濃いハイテンション竹中節が微妙にマッチして、玉山鉄二と許婚を巡るちょっとした恋模様の波乱も絡み、中身の濃さはないけれど、とりあえず息抜き的に見られた。今日は少し忙しないけれど仕事の合間試写会予定に。(http://www.toei.co.jp/koiniutaeba/http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B%E3%81%AB%E5%

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ