2007/3/9

あの歌がきこえる「Runner」  音楽

一昨夜の「あの歌がきこえる」は爆風スランプの「Runner」(’88)。視聴者は、今勤務の運送会社で学生時代バイトした際、この曲が仲間内の応援歌で、病気で他界した先輩の思い出のある男性。今回の担当漫画家「巨人の星」の川崎のぼる、前回のわたなべまさこもだけど絵柄に郷愁が。

「Runner」は「リゾ・ラバ」等と共に、特に思い入れはない、景気のいい曲、というイメージ。爆風スランプで思い浮かぶのは、メロディ自体記憶が薄れているけれど、「進め!電波少年」で初代ヒッチハイクの旅をした猿岩石への応援歌だった「旅人よ〜The Longest Journey」('96)。サンプラザ中野が中継で2人に激励と共に歌っていた記憶が。

この曲自体、というより、沢木耕太郎の「深夜特急」がヒントだったという、ユーラシア大陸〜ロンドンのあの旅は、酔狂な企画ではあるけれど「深夜・・」の名残もあって、成り行きを一応楽しみに追っていた。続くドロンズやチューヤン達の南北アメリカ、アフリカ旅辺りまでは割と見ていたか、同様の企画が続く内に飽きがきたのだった。

主演大沢たかお、原作にはなく出番は少しだった松嶋奈々子の恋人役でドラマ化の「劇的紀行深夜特急」('96〜’98)も懐かしい。ドラマながら、精悍さがあった大沢たかおのマイベスト作で、切れ切れに録画したはず。(http://www.nhk.or.jp/anouta/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/9

英検対策  分類なし

’04年2回リスニングPart1を一文ずつチェック、Part2は10問中1回目6問2回目7問。有毒物質の科学トピック等は話が見えないまま終わる。こういうのは聞こえた語句の切れ端だけで探るしかなく、現状運の問題。ラジオ講座ものしり・・の赤毛のアンシリーズは、今回植物のトピック、物語中60種類の植物が登場、モンゴメリの草花や園芸への愛情が現れている、とのことで、そういうプリンスエドワード島の自然の描写も魅力の1つだった、と懐かしいものが。かなり前、実際島に行った高校時代の友人から絵ハガキが来たことを思い出す。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ