2007/4/7

暗い旅(’61)  

最近保管場所にも困るし読書時間も少なくめったに本を買うこともないけれど、近隣には古本屋が結構多く、商店街を通っている時、一軒の店先のワゴンに倉橋由美子の「暗い旅」の単行本があるのが目に止まり思わず買った。これは文庫で持っていたはずで、「あなた」という二人称で描かれたヒロインが、失踪した恋人を求めて鎌倉から思い出の地の京都までさ迷う、かなり前に読んで、独特なメランコリーの余韻が残った作品。

他の倉橋作品も何冊か読んだか読もうとしたと思うものの余り記憶になく、とにかく「暗い旅」はアンニュイな雰囲気、具体的な地名や店名、音楽の曲名等多数織り込まれていたり、どこかフィクション感覚で、幻を追う内面の旅に引き込まれる感覚だった覚えが。映像化も難しいかもしれないけれど映画化はされておらず、今更企画もないかもしれないけれど、もしされたら興味はわくと思う。「アルゼンチンババア」も進んでおらず、じっくり読み返すのは多分先に。(http://www.shinchosha.co.jp/book/865306/

(C)学芸書林
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/7

英検対策  分類なし

'02年2回リスニングPart1は10問中1回目5問2回目8問。ちょっとした情報の聞き逃しが。ラジオ講座ものしり・・今週末洋楽は「明日に架ける橋」('70)。サイモン&ガーファンクルは好きな曲も多いけれど、今改めて聞いて、何だか昔よりもじんわり染み入ってきた曲。

この映像で思い出したけれど「プレミアム10」という番組で昨年秋頃特集があり、気になりつつ見逃してしまったのだった。3週間前頃のETV特集「今村昌平に捧ぐ」にあたって先日から何日かにかけてビデオ在庫のあった「楢山節考」を見直して今スコセッシ作品「ニューヨークニューヨーク」の途中。昨夜深夜放映の「ミモラ心のままに」を録画。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ