2007/4/13

私のこだわり人物伝 オードリー・ヘップバーン(2)  その他

火曜夜録画の「私の・・」オードリー特集2回目は、デザイナー森英恵が、ファッション面から語る彼女の魅力。

それまでの女らしさを強調する曲線が多いファッションとは異なる、ジパンシーが彼女のために作った、直線的なデザインの服の数々のシャープな魅力。また、男性が自分の富の象徴のため女性に着飾らせたドレス、から女性が自分自身のために選ぶ実用的な服、という移行を進めたり、黒が基調のシックなパリモードをアメリカにもたらしたのがオードリー、というような紹介も。

以前の展示会でも、そのジパンシーのドレスの数々があったけれど、自分のスレンダーな身体や小さい顔、という個性を生かす、服、大きな帽子、今回流れた「シャレード」「おしゃれ泥棒」での大きな黒や、印象的な太い白縁のサングラスの小道具といい、自分の見せ方、を心得ていた女優、とも改めて。やはり一番インパクトがあった彼女の衣装はシンプルなサブリナパンツ、でその姿で振り返っている姿が傍らのボードのカードの1つにあった。(http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200704/tuesday.html#2

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/13

瞳を閉じて  音楽

先日TV欄に、見た事がなかった番組「田舎に泊まろう!」で奈留島、とあったので録画。30年程前ユーミンが女子高生のラジオの投書に応えて校歌として「瞳を閉じて」を贈り、その歌碑が立った高校がある長崎の五島列島の小さな島で、神保悟志が名曲の舞台になった田舎希望、とのことで訪ねていた。

この曲は結局その学校の愛唱歌になり、2枚目「MISSLIM」(’74)の収録曲で、当時友人がユーミンがTV番組(「新日本紀行」)でその学校を訪ねるようで、と電話してくれて見た覚えがある。

今回番組では在校生がこの曲をグラウンドで合唱するシーンがあり、最近の高校生だと、親御さんが余程ファンでもない限り、ユーミンの名前は知っていても、こういうかなり前の曲はまず知らないと思うけれど、こうしてこの島では若い世代に歌い継がれている、という感慨が。高校卒業生は皆島を出ていくので、出航の際ターミナルでこの曲を流してくれる、というエピソードも。

奈留島は「ドルフィン」等と違い、おそらく行きそうにない”聖地”の1つで、「瞳を閉じて」は今やあえて聴き返したりはしないけれど、数ある海の曲の中でもマイベスト1ソング、検索すると「世界の中心で愛をさけぶ」テーマ曲の平井堅の同名曲の方が多く目に付く、遠い曲、だけれど、久し振りに耳にして、やはりどこかメンタル的に清浄化作用がある気がする。(http://www13.ocn.ne.jp/~naru-h/kouka.htmhttp://www.tv-tokyo.co.jp/inaka/backnumber/thisweek.htmlあの歌がきこえる「魔法の鏡」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAYあの歌がきこえる「海を見ていた午後」あの歌がきこえる「卒業写真」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/13

英検対策  分類なし

’01年3番一文ずつチェック、今回は新聞のニュースの変化、いびきの治療、アダムとイブ伝説と遺伝子の母のトピック、リスニングPart1は10問中1回目7問2回目9問、Part2は10問中1、2回目共7問。前の問いの答えに迷い、引きずっているうちに次の問いが始まっていて、聞き損ね出遅れるのがネックで、今練習時は一旦止めようと思えば止められるけれど切り替えが肝心とは改めて。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ