2007/8/5

プレミアム10 ありがとう阿久悠さん  音楽

一昨夜の「プレミアム10」は予定変更で阿久悠氏特集、音楽トピックが続くけれど録画を見た。ピンクレディーの曲や「ジョニー・・」等コンビ曲も多かった作曲家都倉俊一氏がゲスト。数々のヒット曲映像の合間に、都倉氏やゆかりの歌手達の思い出話。

今回先日挙げた以外で改めていい曲だった、と感慨あったのは岩崎宏美の「ロマンス」。前髪を揃えたヘアスタイルも懐かしい。阿久氏の詞が自分の心の内をわかっていたような、また、いつかこういう気持になるんだろうか、と思いながら歌っていた、という旨のコメント。

その他やはりピンクレディーの劇画的勢い、河島英吾の実直な「時代おくれ」等。母もこの番組を見ていて、「津軽海峡・・」「北の宿から」等良かった、と。本当にコミカル〜情念の世界まで広い守備範囲、「人間万葉集」という全集があるらしいけれど、昭和の歌人、の一人、と。本人の談話映像で、現代人の”不機嫌さ”を失くすのに歌が役に立てば、また、歌は不幸の少し手前の切ない部分がどうかけるかが一番大事、等の旨印象に。

都倉氏が、阿久氏は照れ屋でもあり(特に女性)歌手とは余り親しくせず、クールな視点で見ていた、旨述べていたけれど、時代の空気+結構各歌手の多彩な個性ごとに配慮、フィットした詞の世界、という印象もあって、それはヒットメーカーのプロとしたら当然なのかもしれないけれど、どこか温か味を感じる部分も。改めて合掌。昨夜「アトミック・カフェ」等録画。出かける予定、今は晴れ。(http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/k/20070803/001/21-2200.html阿久悠氏

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/8/5

英検対策  分類なし

7,8月号徹底・・テキストの後ろの60題穴埋め問題。今週末の洋楽は「ミスター・アーサー」('81)のテーマ曲だったクリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」。懐かしい爽やか系のメロディと歌声。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ