2007/9/20

裕木奈江  分類なし

(昨日英検・・の方にも書いたのだったけれど)一昨夜久方に「英語でしゃべらナイト」という番組を見たら、ゲストが裕木奈江。ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」は微かに覚えがあり、昔結構バッシングされていて、割と線が細いイメージの人だったけれど、今37才、ギリシャ留学、アメリカでの生活等経験、イーストウッドやデヴィッド・リンチファンで、手紙、履歴書等で積極的にアプローチ、余り気に留めていなかったけれど二宮和也の妻役だった「硫黄島・・」、「インランド・・」出演にも繋がった、というやや意外な近況。

ハリウッド進出女優と言えば、「ヒマラヤ杉に降る雪」も見に行ったし工藤夕貴も注目していたけれど、日本拠点に戻ったのかと思っていたら、先月アメリカで公開の「ラッシュアワー3」に真田広之らと共に出ている、と。(http://www.nhk.or.jp/night/

このダイアリーについて、最近少し思う所あり、書いておくと、元々私は様々な背景はさておき映画・音楽ファンという共通項での交流が目的でMB欄に参加始めたもので、現状スレッド上でのやり取りという形もほぼなく、この映画スレッドに連結のダイアリーは、それでも自分にとってはそういう意向の延長なので、ダイアリーへのスタンスは人それぞれの考えで運営、とは思うけれど、やはり自分にとって印象に残った一期一会、のつもりで、改めて、という事でもないかもしれないけれど映画・音楽等エンターテイメントのトピックを中心に、重ねていこうと。

ブログトークのスレッドとの連結、という形が、いまだに中途半端、とは思い、他の方のダイアリーを見て、折に思う所あってどこかに記憶として残っても、スレッドと違い、ダイアリーの性質自体表立った表明ではないし、その反応の形、というのも、タイミング等取りづらく、逆にいつか自分が書いたトピックを念頭の記述かも、と勘違いもあるかもしれないけれど反応(・配慮)を感じる時はあったりはして、それはそれでいい瞬間ではあるけれど

基本的に自分のためのものだし、もう少し気楽に、たまにメモ的に日常の事でも、とも思うけれど、匿名での(意図不明の)単なる顕示、人への粗雑さやハッタリの類も嫌で、それでどう、という事もないけれど身元も出したし、自分の塾講師で英検の勉強をしている日常にそれなりの出来事はあっても、この場であえて人の目に晒す価値が!?と思えるトピックは少ないし、とりとめもなく書いていて、なし崩しに愚痴のはけ口のようになってしまうのも嫌、という事もあり、で。

これまでも書く際、スレッド含め大雑把に言って、楽しい事も不快な事もありつつ筋を通してはきたつもりで、でも読みそうな方のスタンス、目を気にしてこなかったかと言えば嘘になるし、今後も内容を目にして、色んなニュアンスで同感も、不快に思われる事も、とは思うけれど、ここまで過ごしてきてそういう事も含め、配慮という段階をおいて、自分の趣向で現状書かないと意味・価値がない、と判断の事は書いていこうと。

本来心の負担を伴ってまで書くものでもない、また自分が気にする程よりは人にとってはどうでもいい事なのだろうけれど、投稿やコメントという形はなく頻度は不明でも覗いてくれている友人もいるようだけれど、スレッドへの反応等もまれにトラックバックがあったり感想のメールを頂く程度、今更ながら、寂しいものも。何か思う所あれば率直な所反応歓迎、ではあります。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ