2007/12/17

初雪の恋 ヴァージン・スノー(’06)  アジア

先日新作DVDリリースの日韓合作のハン・サンヒ監督作品。日本(京都)舞台の外人監督作品、宮崎あおい出演、とのことで気になっていた作品。陶芸家の父の仕事で日本に転校してきた韓国人青年と、神社で出会った少女との、京都・ソウルを舞台にしたラブストーリー。

「僕らのバレエ教室」以来だった主人公イ・ジュンギ、今韓国一「美しい男」と言うには渋めの風貌、でも日本人俳優だとあだとくなりそうな、素朴に恋して弾み、悩む、てらいない演技。宮崎あおいは着物姿も似合ったりで、「ただ、君を・・」よりは脚本的にというか恋する想いや家庭問題に苦しむ少女の感情の流れが淀みなくリアルな役、自然に上手さが出ていたような。イ・ジュンギの科白はほとんど日本語字幕付きだったけれど、宮崎あおいも韓国語を結構頑張っていた。

京都の寺社、川岸、小道等の映像が、特に意外性はないけれどメリハリがあって見やすく素直というか、京都、少し舞台になった神戸も何だか遠い地になったけれど、学生時代見た景色や歩いた感覚を思い出したり、懐かしい匂い漂う感じ。ストーリーはやはり、そう驚くものは期待していなかったけれど、2人がすれ違いつつ、小道具がやや都合良過ぎに使われたりで予定調和的結末、だった。一昨夜「スイミング・プール」録画。(http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7403http://www.hatsu-yuki.com/top.html公式サイト但し音調整無)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/17

SONGS ゴダイゴ・夏目雅子  分類なし・音楽

先週の「SONGS」は昨年再結成したゴダイゴ、演奏曲は「MONKEY MAGIC」、メドレーで「僕のサラダガール」「ビューティフル・ネーム」「ホーリー&ブライト」「銀河鉄道999」、「ガンダーラ」「BIG MAMA」、’80年頃アジア各地でコンサートや即興演奏した時の様子。

やはりマイベストは「ガンダーラ」、久保田早紀の「異邦人」等同様、エキゾチックなアジアの異国情緒の感触が懐かしい。タケカワユキヒデも歳をとった、とは。久方に聞いて、以前はそう気に留めなかったけれど、今の時代、「ビューティフル・ネーム」のような曲が必要、な感もした。

また主題歌関連でドラマ「西遊記」、三蔵法師役だった夏目雅子の映像も映り、前に渋谷の百貨店で「ひまわり基金」紹介もあった写真展に立ち寄ったけれど、やはり誰のような、という比類ない美しさ。AOLのサイトで今日が誕生日だったらしい。亡くなる2年前に撮影のロンドン〜ヴェニスをオリエント急行で旅する映像の「輝きの時間」('96)というビデオが手元にあったのを思い出し、クリスティ作品等でも馴染みのオリエント急行自体の興味+この人の優美さ、で買ったのだった。折あらば見直してみようとは。昨夜「みゅーじん 宇崎竜童」録画。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ