2008/1/11

8 Mile(’02)  アメリカ

土曜夜放映録画を見たカーティス・ハンソン監督作品。人気ラッパーエミネムの半生を元に、デトロイトの「8マイルロード」で郊外の富裕地区とは隔てられた都市の貧民地区で暮らし、ラッパーとして成功することを夢見る青年の、青春音楽ドラマ。エミネム本人が主演。

エミネム自身は余り馴染みなかったけれど、眼光鋭いものがあり、毛糸の帽子を被り硬派青年、という印象。白人にとって敷居の高いヒップホップの世界、というのは最近では「レッスン!」等でも描かれていたけれど、工場の仕事、幼い妹とトレーラーに住み、すさんだ生活を送る母との確執、恋、裏切り、暴力等、黒人社会の中での日々、全編にラップが流れ、抑えた黒+青の色調。

単純なシンガーのサクセスストーリーではなく、都市の底辺での生身の葛藤、高揚等描かれた、地味でハードな硬派青春もの、というやや重い後味。クラブで1対1で互いを罵倒し合う、ラップでのバトル合戦が痛烈。母役はキム・ベイシンガーだった。今仕事で接触ある中2の男子が、前にこれが1番好きな映画、と言っていて、聞いたらこの放映も起きていたので一部見たとか。中2にしては渋い選択、と。「銀座旋風児」がどんなものかと見かけたけれど、中断していてこちらを優先。(http://www.amazon.co.jp/8Mile-%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A0/dp/B00009KARU

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ