2008/3/25

映画の昭和  本・映画

一昨日の朝日新聞読書欄に、昭和の時代の映画本、として4冊紹介、中野翠「小津ごのみ」、片岡義男「映画の中の昭和30年代」、野上照代「蜥蜴の尻っぽ」、香川京子「愛すればこそ」。

中野翠は割とエッセイや映画評本で馴染みで、小津作品のファッションやインテリアチェックから映画論、らしく、ユニークな小津作品切り口のようでもあるし、これはいずれは読んでみたい気が。小津作品、も思えばご無沙汰、ふと懐かしくも思えたり。また中野翠は同紙の文化面公開中の「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」の記事にもコメント寄せていた。この作品は、今見るにはやや気分が重い感。

片岡義男も馴染みではあるけれど、今回内容が、未見の成瀬已喜男作品論のようだった。「蜥蜴・・」は黒澤監督の裏方だった野上氏が、戦後映画黄金期を振り返るもの、「愛すれば・・」は多くの出演作で戦後の映画を辿る内容、と。沢木さんの本を図書館に返しに行かなければ。「「愛」という言葉・・」ともう一冊未読の「無名」もだけれど、これはまた改めてに。(http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%B4%A5%E3%81%94%E3%81%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/3/25

プレミアム10 インド・ヨガ聖地への度  分類なし

昨年末放映を録画したままだった番組、菅野美穂が各地でヨガをしながら、ガンジス川に沿って旅するドキュメンタリー。彼女はフジコ・へミングを演じたドラマ以来。以前からヨガ愛好のようで、色々なポーズでもかなり身体が柔軟そう。ラフなスタイルで、気さくに現地の人と接しながらの旅、ほとんど英語で通じるようで。サリーやインドのドレスをまとう場面もあり、麻生久美子のチャドルではないけれど、ムード的には結構エスニックさが似合っていたような。

以前郷里の女友達が、やはりインドを旅して、ヨガをするようになり、インドは、今回菅野美穂も手でカレーのようなものを食べたりしていたけれど、衛生の事もあるし、結構好き嫌いが分かれる所、と言っていた。正直余り今、行ってみたい地、とも、思えないけれど。「ギーター」という、ヨガの奥義を書いている宗教書や、ヨガ道場のを指す「アシュラム」という言葉等初耳、ビートルズがリシケーシという街に来て以来、そこがヨガの聖地になった、とも。

印象的だったのは、アールティ、という儀式で、夜7時頃ガンジス河畔に大勢集まって、何人かたいまつのようなものを振りかざしながら祈り、最後に歌を歌いながら火を灯した花かごを河に流し、精霊流しのようでも。毎日行われている、とのことで、キーウエストの毎日波止場に人が集まるサンセットパーティのように、日常の暮らしの一部、のよう。それと、菅野美穂が会いに行った、90才過ぎの当地のヨガの創始者の一人、の穏やかな表情。時間の流れ方が違うのだろう、と。(http://b.hatena.ne.jp/entry/6299959

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ