2008/4/13

東京フレンズ(’06)  日本

先々週土曜夜放映の録画を見た永山耕三監督作品。未見だけれどDVDドラマの続編として映画化、居酒屋でバイトする若者の仲間達の、バンド活動の夢、恋、友情を描いた青春ドラマ。

色々悩みつつの青春の群像劇、だけれど、余りうごめくようなリアリティーが感じられない柔らかく優しく流れていく世界。安心感ある虚構、をあえて作っているのではあるのだろうけれど。拠点の居酒屋の下北沢は、何度か行っただけで肌で空気を知る訳じゃないけれど、別の作品にあったようなラフな地を這うような雰囲気が感じられず、別のややお洒落っぽい街、という印象。

後半N.Yも舞台なのがスパイスではあったけれど、煮詰まってそこへ旅立っていた瑛太演じる青年、追って行った大塚愛のアマチュアバンドのシンガーのヒロイン、それぞれの切実さ、もやや希薄な。近年バンドものだと「NANA」の方が、まだそれなりに音楽や恋への葛藤のリアルな破片、はあったかと。

大塚愛は「ただ、君を・・」テーマ曲で知ったシンガーでこれが映画デビュー、だそうで、ややaikoのような声質、特に好き嫌いはないけれど、彼女のやや長めのプロモーションビデオ、とも思えるような。女優としては?だけれど、余りクセがなく山口智子をソフトにしたような雰囲気、かも。最近「ユメ十夜」「眉山」ドラマ版等でも見かけた山本耕史がラジオ製作スタッフ役だったけれど、この人は正統に古めかしい役、の方が似合う感が。昨夜「美の巨人たち 東山魁夷」録画。(http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/13

地球街道 フロリダ〜US−1を走る〜  分類なし

昨夜一部オンタイム一部録画で見た「地球街道」、先週の前編は見なかったけれど、今回大友康平が世界一美しいハイウエイ、らしいフロリダ〜キーウエストルートをドライブ。

以前アメリカ旅で一番インパクトのバスルートだったので愛着あり、たまに映画にも登場で、映像見たのは久し振りだけれど、いつも不思議なのが、セブンマイルブリッジの並行する2本の橋。旧橋を大友康平が歩いていたけれど、昔ハリケーンで寸断したから、そのそばに新たな橋を建てた、との事だけれど、これだけの長さ、新築より部分的修復の方が余程、手間も費用も省けたのでは、と。当時の技術的な理由か、まあ2本での姿が馴染み、ではあるけれど。

冒頭フロリダの店で食べていたキーライム・シェイクは、しょっぱさがいかにもフロリダらしそうな。ローリング・ストーンズをBGMに「すんげー綺麗だよ」とか言いながら走らせ、やはり自分の運転で、というのは違った爽快さでは、と。キーウエストのkeyは、気にした事はなかったけれど、鍵でなく「サンゴ礁」の意味、とのことで、辞書でも「(特にフロリダ周辺の平らな)小島、サンゴ礁」と1行意味が載っていた。

キーウエストではやはりヘミングウエイの家、名物の猫達、庭のセメントに埋まっていた1セント硬貨は夫人希望の高額プールに激怒したヘミングウエイが投げたもの、等のエピソード。旅の最後は海へ出て、馴染みある平らな島の上の夕陽の眺め。近年全く出不精ではあるけれど、こういう番組を見ると、かつてあそこまで行ったのだった、とは少し感慨。(http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidou/backnumber.htmlアメリカの旅<8>アメリカの旅<9>

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ