2008/5/22

ローカルボーイズ(’02)  サーフィン映画

ロン・モーラー監督作品。カリフォルニア舞台、母と暮すサーフィン好きな兄弟、その前に現れたかつての名サーファー、若者達の、家族愛、友情、恋愛等の青春ドラマ。久方のサーフィンもの。

繊細な弟役ジェレミー・サンプターは「ピーターパン」以来、徐々に上達するサーフィン姿も健気。彼を守ろうとする兄役エリック・クリスチャン・オールセンとの、バランスが良かった。父を失った一家の前に現れた、やはり家族を事故で失くした中年サーファーが、母とも接近、微妙に確執がありながらも、サーフィンの技量、大人らしいアドバイスと誠実さ、で絆が繋がれていく様子、がさり気なく温か味。サーフィンシーン自体の見せ場はそうなかった。母役の女優は、ややジュリエット・ビノシュ似の面差し。

若者達の間では、グループ間での嫌がらせ、喧嘩等もありながら、西海岸サーフィン物語で前にもあったけれど、新たな波を探して南下、メキシコへのサーフィン旅、等青春の1ページ、の姿も。

少し前チラシを持ち帰っていたけれど、先日「タカダ・・」で、「ブルークラッシュ」以来5年ぶりに新たな感動サーフィン映画、とのことで(アニメ「サーフズ・アップ」等はあったけれど)「ブルー・ブルー・ブルー」という作品の予告があった。オーストラリア作品で内容はオーソドックスな青春もの、のようだけれど。午後「緑の館」録画。(http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%http://www.blueblueblue.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/22

SONGS 藤井フミヤ  音楽

先週の「SONGS」は藤井フミヤ。時期が重なった訳ではないけれど、チェッカーズデビューの頃近所のマンションに住んでいた、という話を聞いたことが。歌ったのは「Another Orion」「ALIVE」「二人だけ」「TRUE LOVE」「トワイライト」。

日比谷音楽堂を訪ね、ミュージシャンを目指したのは、昔ここでのキャロル解散コンサートをTVで見たのがきっかけ、その1曲目だった、という「二人だけ」を弾き語りで。絵も描いたりしているけれど、45才になって、クリエイターというよりミュージシャン志向になった、とコメント。

藤井作品では、沢木氏「深夜特急」がプラン元の「電波少年」ユーラシアの旅で、一時人気だった猿岩石にフミヤ作詞、尚之作曲で提供の「白い雲のように」がサビの所が好きな曲だった。猿岩石、どうしているのかと思ったら解散してしまったようで。藤井兄弟、と言えばキョンキョンを巡る因縁、を思い出したりも。でも今回「Another・・」は弟に宛てての曲だった、と。

それと「TRUE LOVE」が主題歌だったドラマ「あすなろ白書」、石田ひかり、 筒井道隆、ブレイク前で脇役青年役のキムタク等出ていて少し懐かしい。柴門ふみの原作コミックで、その後の社会人編U単行本が手元にあるけれど、そう言えばその続編ドラマ化はなかった。昨夜「SONGS 松田聖子」録画。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ