2008/6/2

そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸  音楽

先週土曜夜「ミューズの晩餐」に大沢誉志幸が出ていて、「そして僕は途方に暮れる」は、記憶に残る好きな曲だったので見た。

思えば本人の姿、というのは今まで記憶になく、イメージよりもいかつい風貌。吉川晃司への「ラ・ビアンローズ」は人に提供にはもったいなかった、とか、「そして・・」は元々山下久美子等への提供曲だったのが、諸事情でレコーディングされず、巡り巡って自分に戻ってきた、という、代表曲にしては意外なエピソード。

R&B風の曲調、テンポ+銀色夏生の詞、ある時期の気分にフィットした部分もあったと思うけれど、このタイトルからしてどこか好ましい。カップヌードルのCMソングだった、というのは覚えなかった。よくあるケースだろうけれど、これは大事な曲ではあるけれど、この1曲ヒットのために、何かと曲作りも制約あったり腹立たしい事も、等コメント。番組ではアコースティックバージョンで。

先日銀色夏生のいつもの詩+写真文庫「やがて今も忘れ去られる」を買ったばかりだった。この「ミューズ・・」は先日たまたまチェックの山崎ハコや、少しだけ見た秋川雅史、先月の因幡晃、一青窈等出ていたようで、割と渋い方のゲスト人選かもしれない。「徹子の部屋 田中麗奈」一部録画。(http://www.tv-tokyo.co.jp/bansan/backhttp://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ