2008/6/4

恋空(’07)  日本

先日新作DVDリリースの今井夏木監督作品。仕事で接触の高2女子から少し前、一番話題の映画と言えばこれ、と聞いていてどんなものだろうかと思っていた作品。ヒロインの女子高生が経験していく、紆余曲折の青春ラブストーリー。

何というか、二人が会う川の緑の風景は瑞々しく、情緒的で目に残るシーンもあり、身元不明のまま携帯での往信から始まる恋、というのは「あしたの私のつくり方」のような、今時のテイスト。でも、色々悩み、過ち、事件、怒り、病魔の悲劇、心の揺れ等かなり波乱の青春、でありながら、切なさ、心の傷、乗り越えようとする切実さとか、サラリと綺麗過ぎて、実感として、余りリアルに伝わってこなかった後味。

ヒロインの家族問題、というのも安易に解決しすぎだったり、お伽話的でも女の子受けアピールする部分は判る気がしたり、こういう淡く薄い切なさの物語が今、若い携帯世代には馴染みやすいのかもしれないけれど。

ヒロイン新垣結衣は初めてで、演技力というより、松嶋奈々子系のクセのない魅力、という感、相手役の三浦春馬は「キャッチ・ア・ウェーブ」主演の少年だったのだった。浅野ゆう子の母役を見たのは多分初めて、でも、年代を思えば不思議はない所。「SONGS 鈴木雅之」録画。(http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B-%E7%A9%BA-%E3%83%97%E3%83%%A7%E3%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/4

徹子の部屋 田中好子  分類なし

今日の「徹子の部屋」は田中好子、昨日の工藤夕貴の録画も未見だけれど、最初少し欠けたけれどたまたまオンタイムで見られたので。先月義母の小達スエさんが病気で他界、とのことで、その姑さんや形的に義理の妹になる夏目雅子との、小達家での思い出話が中心。黒のドレス姿。

元々夏目雅子と仲が良く、小達家とも馴染んだ、という経緯、「黒い雨」出演の際プレッシャーを感じていた時も、後押ししてくれたのが後に姑になるスエさんだった、とか、夏目雅子共怖がり、という似た性質や寝室が一緒だった、等母娘の仲の良さ、ひまわり基金への思い、等のエピソード。年頭に放映を見た「鬼龍院花子・・」を思い出す。

やはり伊藤蘭の方がセクシーな人気はあったと思うけれど、インパクトあるのは華やかなキャンディーズ時代、俳優としては「黒い雨」出演以外は余り記憶になく、姿も久し振りだったけれど、しっとりしっかり一家の嫁、という風情だった。(http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/4

徹子の部屋 田中麗奈  分類なし

一昨日の「徹子の部屋」は田中麗奈、「徹子・・」は久方、最初10分位録画が欠け、「山桜」で共演の富司純子とはメル友になった等の話から。特に好き嫌いはないけれど、最近ではスクリーンで「犬と私の・・」DVDで「夕凪の街・・」等、折に触れ見かける人。

中国ドラマにも出演、俳優達の自国の文化の勉強ぶりに刺激を受けて、帰国後茶道や着物の着付けを習った、との事で、今回着物姿は、公開中の「山桜」イメージ関連かと思ったけれど、そういう理由もあるのかもしれない。

5才頃から女優を意識、憧れは中山美穂や山口智子でよくマネしていた、と。やはり最初の記憶は「なっちゃん」CMだけれど、一番インパクト残っているのは、「がんばっていきまっしょい」の素朴なボート少女役。

「ドラッグストア・・」でのラクロスぶりとか、体育会系、がそう違和感ないボーイッシュさ、でも、「きょうのできごと」等では出演女優中では女(の子)らしかったり、作品のテイストによって、割と器用にイメージ変化出来る、という印象。今年になって(主演クラス)新作5本公開、とは少し驚き、多ければというものでも、だけれど、今28才らしくこの人の旬なのかもしれない。「徹子の部屋 工藤夕貴」録画。(http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/夕凪の街 桜の国(’07)「犬と私の10の約束」

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ