2008/6/5

徹子の部屋 工藤夕貴  分類なし

一昨日の「徹子・・」は工藤夕貴、何度か触れてきたやや気になる女優の一人。白のワンピース+黒のレースのカーディガン姿。中2時にも出演の映像、学校で浮いてしまいがちで「窓際のトットちゃん」に力付けられ、徹子さんに憧れていた、とかやはり結構ハキハキ話す様子。

ハリウッドでの8年、「ヒマラヤ杉・・」で一度は主演、でもオーディションを百何十回も落ちた、という奮闘ぶり、やはりネイティブの中日本人が役を得る困難さ。経済面からバイトも経験、という、「電波少年」で華原朋美が単身渡米しデビュー目指した企画、を思い出すようなエピソードも。犬の調教師、刺青屋で働いたり、一番上手くいったのは日本語教師、というのは何処となく判るような。

日常レベルでも活動的のようで、アメリカの競売物件の家を自分でリフォームした写真、帰国したのは、やはり家族(お母さん)と暮したいという意向も、とのことで、前に他番組でも見かけたけれど、今朝霧高原に住み、無農薬野菜や米作りをしていて、作業服で耕運機に乗った姿。番組合間の炊飯器CMにも。

「ヒマラヤ・・」も頑張っていたけれど、その後「風の絨毯」で見た時肩の力が抜けた自然さ、で一番好印象だった。「佐賀のがばい・・」に続いて「春よこい」という新作もやはり佐賀舞台、冬に聞いたジャームッシュ作品の話は出なかったけれど、農業する(元)ハリウッド女優的、余り枠のない活動ぶりで、元気そうだった。「徹子・・リリー・フランキー」録画。(http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/html/080603.html工藤夕貴、ジャームッシュ作品に

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/5

SONGS チューリップBEST  音楽

先週の「SONGS」はチューリップBEST、どうも先日の「チューリップ〜青春のラストラン〜」ダイジェスト版のような内容、演奏は「心の旅」「魔法の黄色い靴」「虹とスニーカーの頃」「青春の影」、その他コンサート、財津さんのソロライブ映像やトーク。

特に新たな、という事はないけれど、少し流れた「サボテンの花」は一時期励ましソング的馴染みで、後年先日の「そして僕は途方に・・」と似たシチュエーション、と思ったのだった。

20代の頃「夢中さ君に」を60才になっても歌うぞ!とステージで言っていて、本当に60才になっても歌っているとは思っていなかったし、肉体は変化しているのだろうけれど、精神状態は変っていない、等コメント。でもソロライブで、癒される自然や自分の子供時代の写真の映像バック、ゆったりしたトークで、言葉と歌詞をじんわり伝えたい、というのは、ベテラン的な域、という感。来週石川セリ、は少し驚いた。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/200805.htmlチューリップ〜青春のラストラン〜

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ