2008/10/11

風のガーデン(’08)〜第1話スノードロップ  日本

初回を録画で。冒頭からの神木君のゆったりしたモノローグは、「北の国から」の吉岡君の純のが重なった。倉本聰の富良野三部作の第3章になるらしく、前の「優しい時間」は未見、「北の・・」シリーズ再放送もあったけれど、多分「北の・・2002遺言」以来、別れてしまったけれど、吉岡君と内田有紀の出会いだったのだった、と。

北海道の祖父と孫2人、東京のやり手医師、祖母と医師の妻はすでに他界、訳ありそうな家族のそれぞれの様子。中井貴一演じる医師と親しげな看護婦役伊藤蘭。キャンディーズ解散の後、水谷豊と結婚は聞いて、女優業を続けていたようだけれど、見た出演作は浮かばず姿は久し振り。田中好子の方は折に見かけるけれど、伊藤蘭も久方に見かけると、やはり歳をとった、とは。

またやはり医師の周囲の弾き語りシンガー役で平原綾香。主題歌も担当、「優しい時間」でもそうだったようで、そういう流れで抜擢なのか、女優として出演は初めてかと思うけれど、シンガー役でもあってか割と自然体、な印象。また担当する患者役で、経済界の黒幕的な匂いの奥田瑛二、ガッツ石松、ベテラン大滝秀治等多彩な顔ぶれ。

北海道では、「ただ、君を愛してる」以来の黒木メイサ、ガーデニングに打ち込みながら、不倫関係の相手がいるらしい所は「北の・・」の蛍、もそうだった、と思い出したり、たまたまか祖父と孫達が飼っている犬がホタル、という名だったり。神木君は「Little DJ 小さな恋の物語」以来だけれど、背丈が伸びた、と。

緒形拳さんは、「ミラクルバナナ」の時より何だか痩せている、という印象。訪問介護の医師役、独自の花言葉を作ったり、患者や孫達との、おっとりとしたやり取り。今回「風の・・」タイトル文字も緒形さんの手によるそうで、そういう例や作中の自筆は他の作品中でも見かけた事があり、木曜の朝日新聞に、絵手紙作家の方と23年間絵手紙を通して交流してきた、という記事が載っていた。

医師に病魔の影もあり、家族との再生、という筋ではありそうだけれど、経済界の影もからんでいくのか、北海道の素朴な人情テイスト中心か、どう展開していくのか、今回庭園”風のガーデン”の花々も目に残り、一度だけ行った富良野、大らかな舞台で、久し振りに今後も追っていこうかと思ったドラマ。昨夜「緒形拳さんを偲んで・・特集ドラマ 帽子〜老いた帽子職人と若き警備員の旅路」等録画。(http://wwwz.fujitv.co.jp/garden/index.htmlhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%ミラクルバナナ(’05)SONGS 秋川雅史・平原綾香

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/11

雨音はショパンの調べ  音楽

昨日近所の店で、流れてきた男性ボーカルでの「雨音はショパンの調べ」。’84年小林麻美版はシングルも買って懐かしいけれど、カバーは初耳。後で検索すると、男性でカバーしているのはデーモン小暮、だけで、多分そのバージョンだったと思うけれど割と甘いボーカル、でもこの人の歌は初耳だったし、イメージ的にも意外だった。

小林版はガゼボの「I Like Chopin」をユーミン訳詩でのカバー、メランコリックな曲調に小林麻美のアンニュイな雰囲と透明ボイスがマッチ、同様にガゼボの「Lunatic」もユーミン訳詩の「月影のパラノイア」でカバーだった。この2曲の入ったガゼボアルバムは買ったか録音した気も。

小林麻美、美人ではあるけれど女優としては「野獣死すべし」とあと1本に出ただけ、最近見かけず名前も聞かないけれど、ユーミンとは友人で、以前雑誌対談で「自分はいやだな、ということでも、どこかに興味があれば突っ込んでいくけれど、麻美ちゃんは、スッとハナから引いてしまう、そういう所が洗練されてる感じがする」「そこが自分と違う所で、ダーッといくユーミンはやっぱり努力家だと思う」等のやり取りが印象に残っている。

アルバム何枚か録音、著書はエッセイ「あの頃、ショパン」「グレイブルーの夜明け」、「PRIVÉ」という自分の撮った写真+エッセイ、詩の本等手元に。バブル期の華やぎ、でもやや抑えた優雅さが似合った一人、という感。「PRIVÉ」には中野浩一選手が落車した競輪レースを取材に来ていた沢木さんのアップ、歩く姿の写真、「敗れざる者たち」が自分の中の何かを変えた、等という旨もあった。何にしても思い出の珠玉曲の一つ。水曜夜「SONGS スガシカオ」録画。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ