2008/10/15

地球街道 マダガスカル<2>  分類なし

先週土曜の「地球街道」は、水野美紀マダガスカルの旅の後半、最初少し欠けたけれど録画で。未舗装の所も入れて長いドライブ、広がる夕焼け空、疲労困憊で宿に。

そこは海の民ヴェズ族のムルンダヴァという村で、オレンジのクリーム状のものを顔に塗っている母達、それはタバキという植物の幹をすり潰した”日焼け止め”らしく、朝顔に塗って夜洗い流すそうだけれど、堂々と野外に出、外観は全く気にせずの美容法。野球選手が折に反射止めに目の下を黒く塗っているの等が重なったり。

わらぶきの質素な家、水野美紀が入った家は、そう広い、とも思えない空間に11人が暮らし、広いベッドと、夜はろうそくかも、との事で、電灯はないようだけれど、何故かステレオセット。

モザンピーク海峡を挟んで、沖合いにアフリカ大陸、という位置で、アニメでも海、動物達が辿り着いた海岸等綺麗だったけれど、大木から削りだす、シンプル、でも削り方等コツが入りそうな舟を作る男達、そのカヌーのような舟が、昔最初の住民が東南アジアからやって来た、という証拠、と。

終盤、やっと目的のバオバブの並木道、やはり改めて、トルコのカッパドキア等に劣らない神秘空間、な眺め。紹介あった「星の王子様」の、小さい星を囲んでいた大木の挿絵は薄っすら覚えがあったけれど、バオバブだったのだった。白い実は美味しくなさそうだったけれど、木自体は丈夫でロープや家の建材になったり、意外に生活に根付いてもいる、とも。

バオバブの若木は、途中に枝もある普通の木の様子で、年月が経つにつれて上の方にだけ枝をつけるようになる、というのも、余分なものをそぎ落としながら成長して老いて独自の形に、という感もするけれど、不思議なメカ。ラストの並木道の夕暮れ景色は壮大、宇宙と交信しているような、というナレーションもあったけれど、何処かSF的眺め。(http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidouhttp://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidou/drivehttp://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%82%地球街道 マダガスカル<1>

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/15

SONGS スガシカオ  音楽

先週の「SONGS」はスガシカオ、歌ったのは「Progress」「19才」「黄金の月」「夜空ノムコウ」「コノユビトマレ」。好き嫌いというよりひたすら「夜空ノムコウ」の人、というインプット、異色SMAP曲、作曲の川村結花版(「夜空ノムコウ」)、杏里、東儀秀樹版等も聞いたけれど、今回浪人時代を過ごした御茶ノ水の予備校辺りを散策、看板では駿台予備校だったようで、「夜空・・」はその近くの小さな公園が舞台、

その頃の先の見えない迷い、屈折から「夜空・・」「19才」等の詞が生まれた、と。「夜空・・」は何か漠然と閉塞したナイーブさが良かったけれど、本人が言うにはそういうイケてない時代、がルーツだったのだと。尾崎豊等よりは、したたかでもあるというのか今風のやるせなさの表し方、という感じも。

サラリーマン生活を経て、貯金の百万円で機材を買って曲作りに篭り、ご飯に胃薬をかけて!空腹をしのいだ事も、とかで30才で遅咲きデビュー。その後「黄金の月」は、ポジティブなニュアンスを込めていて、是非世に出したかった曲、でも歌詞が難解すぎる、とシングルで出すのは大反対を受けたそうで、確かにストレートではないけれど何処か文学的香りもしたりして、今回割と気に入った曲。もう少し若いと思っていたら42才だったのだった。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ